新着Pick
444Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
國光さんがおっしゃるように、ハイプ・サイクルのなかの幻滅期かなと思います。音声メディアの需要は間違いなく拡大していくと思いますので、その成長の波に乗り遅れないよう、どのプラットフォームでどういったコンテンツを流すかは準備しておいた方が良いと思います。

●ハイプ・サイクルとは
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%97%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB
広がるスピードが速かった分熱が下がるのもはやいですね。
芸能人にとってclubhouseで話すことのメリット、最初からあまりない感じがしたのですが、やはりみんなが気づいて離れ始めてるのですね
確かに私自身も飽きたし、
初期の御祝儀アクセスは終わりましたが、
ここからが楽しくなるところだと思います。

音声メディアの可能性は
無限にあるなぁと思ってます。

孤独や災害やフェイクニュースや分断など
これからも社会が直面する色々な問題や課題に対して
このメディアがどんな役割をするか楽しみです。

みんなでワイワイするメディアではなくて、
本質の意見が出てくる骨太メディアになる事を願います。
私は、このSNSに招待されて、直ぐ見切りをつけました。

要するに内輪ネタをオープンパブリックにしているだけなので、聞く価値がないと感じたためです。

例えば、ある医者がコロナ対策的な話の部屋を開いたとしましょう。時節柄、コロナ対策について啓蒙するとします。恐らく皆さん、額面通りだと内容が当たり前過ぎて、聞きません。今更手洗いうがい、三密回避と言われても、聞く価値はない。

しかしながらその医者は、楽屋オチを期待する市井の人々ではなく、自らが属する医者のコミュニティに向けて、こうした取り組みを発信しているわけです。さながら、特定の社会の構成員が、お互いに踏み絵を用意しているようなイメージを持ちました。

一方で、一種の陰謀論を語る部屋は、それが耳障りが良いと感じる人々で溢れるのかな、と思いました。現に、一種の布教的目的で使うユーザーもいると聞きます。多品種少量生産のラジオと言えばそれまでですが、であれば尚更、私には要りません。

あと、いつの時代も、とりあえず新しいからと乗る人、そこに商機を見つけて煽る人が出てくるものだなあ、と改めて思いました。
SNSは急速な盛り上がり、そして幻滅期、そこからの成長期となっていく。これはTwitterやインスタも同じだった。今回はそのサイクルが異様に早いだけ。

芸能人の急速なClubhouse離れの背景  “クローズド”だからこそ、より資質が問われる場に
クラブハウスは、少しメジャーな人が抜けてからの方が、ユーザー体験のいいサービスになる気がしますね。
公式の人に注意されないかドキドキしながら、「プロピッカーとみんなでニュースを解説しあうクラブ」をやっています。
月〜金朝9時半から30分間です。
@usuihayate

50〜100名くらいの人と一緒にやっていますが、こういうのはなるべく少ない人数で、好きなように話すのがいいですね。
本当は5〜10人くらいがいいのかもしれません。
有名人はそれが難しいのでたいへんです。
私は、最近外出がままならなくてエネルギーと時間が余っている辛坊プロピッカーをお誘いして、隔週日曜日の19時からの1時間Clubhouse で井戸端会議を楽しんでいます。

1ヶ月に2回の頻度なので、お知り合いのピッカーさん達とこじんまりとオフ会モードでやっています。
→縁の下の力持ちで、櫻井さんにモデレーターを依頼

わいわいと、NewsPicksで話題になったトピックスをキーワードにして、テーマをあらかじめ決めていて、毎回ゲストさんにも加わって貰い楽しんでいます。
完全に自己満足な世界ですが、こういう使い方をするには良い感じです。
→皆さん、お時間あれば遊びに来て下さいね!

でも、Clubhouse は、どうやってマネタイズするのかな?
多数のリスナーを集めて話をするという形であれば他にもメディアはあるはずです。特に芸能人の方は「話」を商品としてマネタイズしなければいけないので、clubhouseは「飽きる」というより「いつまでもやってはいられない」ということになるのではないか?むしろ、落ち着いてきてから、文字通り「クラブハウス」や余り広くないパーティ会場のようなコミュニケーションを楽しむような流れになると社会のインフラとして定着してくるのではないだろうか?
クローズドであるからこその価値。私はラジオやPodcast、Voicyを何年か前からかなり没入して聞きこんでいますが、スピーカーとの一体感がたまらなく好きです。ゆえに音声メディアにはエモーショナルな部分を含めての拡張性があると可能性を感じずにはいられません。
ゆるゆると耳から入ってくる情報で日々自分もアップデートできればと思っています。感謝。