新着Pick
41Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
1979年、米中国交樹立に伴い「米国が台湾を放棄する」という誤解が生じないよう、この地域の安定を維持するために米議会が制定したのが台湾関係法。1979年1月1日から施行された。米国の国内法ではあるがこの台湾関係法の第二条に「台湾を武力解放する試みは、合衆国の重大関心事である。防御的な性格の兵器を台湾に供給する」とある。バイデン政権は41年間続いてきた米国の台湾政策を継続することを確認しただけの話。
バイデン政権は台湾政策に関してはトランプ政権を継続。現状から考えると、アメリカによる台湾支援は中国の膨張を制約する最も重要なポイント。適切な判断だと思う。
バイデン政権になっても対中政策は概ね引き継がれるようであるが、むしろポイントは台湾の戦略的重要性だ。台湾の持つIT技術は業界にとって必要不可欠であり、今や世界中の国が台湾と親交を深めたいのではないだろうか。
逆はそもそもあり得ないのですが、ようやく支援継続を表明。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン