新着Pick
313Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
来月から「最新・最強のグローバルコミュニケーション」を担当させて頂くこととなりました。NewsPicks様のご厚意に感謝致します。

私の人生目標は、「ソーシャルチェンジ」です。一人でも多くの日本人が国内外のグローバルビジネス環境に挑戦し、成果をだすことを応援したと願っています。

今回グローバルコミュニケーションの講義を担当させて頂きますが、正直、私は今も英語力特に発音や文法には自信がありません。
実際、英語が苦手で何度もクビになりかけて、今も英語ネイティブとの仕事で、英語が通じずに苦労することも多々あります。
しかし私が英語で仕事を続けてきて痛感するのは、英語力=「グローバルで活躍できる力」ではないということです。

グローバルに通用するために多くの方が英語の勉強を頑張っておられますが、グローバルビジネスに通用するためには、英語力だけではダメです。
英語はもちろん必要ですが、それ以上に外国人との働く上で必要となる心構えやマインドセット、グローバルの常識を知ることがグローバルビジネスで活躍するためには必要です。

しかし日本では、グローバル=英語だけの意識が強く、英語力と共にグローバルビジネスに必要な能力を上げるということが必要だという当たり前のことが浸透していません。
そこで私は、本当の意味でグローバルビジネスで活躍できる常識・スキル・心構え(おまけに、英語)を盛り込んだ、突貫工事的に外国人に評価される・通用する、グローバルビジネスパーソンを育成するコースを作ることにしました。

私は本プロジェクトを通して、一人でも多くの方に、外国人と働くうえでの「武器となるグローバル力」を身に付けて、さらに国内外で活躍される機会を作ってほしいと願っています。もしあなたがいまの働き方、働く世界をグローバルに変えたいと思うのであれば、ぜひコースの受講をご検討いただければ幸いです。

英語で外国人と働くことに興味と自信が付けば、日本だけではなく海外含めて、活動の幅が飛躍的に広がります。コロナ後の広がる世界を謳歌するためにも、「最新・最強のグローバルコミュニケーション」を一人でも多くの皆様に習得頂きたいとお願っております。

お互いに学び合えるプロジェクトを謳歌しましょう。よろしくお願いいたします!

STAY GOLD!!
実体験に基づいているので説得力があります。「周囲を巻き込む(周囲に助けてもらう)」「相手(の興味)に興味を持つ」ことの大切さは日本でも全く同じと思います。「日本では通用するけれど、海外では通用しない」は多くの場合勘違いで、通用するように見えて実は組織の力を出すことができていない場合が多いのではないでしょうか。
「相手に興味を持つ」と「外資は横社会」は、本当に共感します。

外資系企業では、もちろん上司へのリスペクトはありますが、大切なのはいかにクロスファンクションが上手くできているか、つまり他部署の同僚と「ベストフレンド」とまわりが思うほど、うまくやれているかが評価に繋がり、かつ部下も安心します。

さらに言うと、相手=360度携わる人たち=上司、同僚、部下、そして外部のカスタマーに「360度興味を持つ」ことが、最終的には仕事が上手くいくことだと痛感します。