新着Pick
75Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
グルメ回転寿司の大起水産さんだと卸から始まり「鮮魚流通システム」を徹底して磨き高品質イメージで外食・小売展開も。魚は日々購入するものなので消費者の目もシビアですが、価格と品質の内容が気になりますね。
ハマチの養殖を行い、スーパーなどでも販売するのだそう。
こららプレスリリースに詳しく書かれています。「オーガニックはまち」というそうで、くら寿司らしく、「原料の加工から飼料製造までの過程において、化学合成された飼料添加物及び薬剤の使用を禁止」など原料にこだわっているようです。
プレスリリース
https://www.kurasushi.co.jp/author/002375.html
くら寿司の人気メニューにもなりそうですね!
魚はテリトリー外の領域なので、今回初めてオーガニック魚の存在を知りましたけど…

こんないい加減なものがあったんですね。

圃場が非接触であるならまだしも…海ですよ?海!

中国やアジアのプラゴミが遠く太平洋を渡ってアメリカに漂着するような海の中、たった80mの間隔で物理的なコンタミを無しと判断できる根拠がよくわからない。

もちろん、定義に乗っ取って謳うわけだから、くら寿司にはコンプラ上のなんの落ち度もないわけですが。

ただ、本来食品事業者たるもの、消費者にとって本当に必要なものか判断することは大事だし、時には制度やルールに異議を唱えるくらいの勢いが必要だと思うのに…。

結局営利主体でこうした曖昧なものに手を出す時点で、消費者は置き去りという考え方の会社なんだなと、理解します。
鮮魚の供給までのチェーンを統合化するのは効率的。他の飲食業態でも増える気がします。
株式会社くらコーポレーション(英語: KURA Corporation)は、大阪府堺市中区に本社を置く外食産業企業。 ウィキペディア
時価総額
1,209 億円

業績