新着Pick

大手企業は、なぜ TikTok より インスタリール を好むのか?

DIGIDAY[日本版]
インスタグラムのリール(Reels)の登場から半年以上が経過したいま、TikTokとリールの違いが明らかになりはじめている。リールが、メジャーブランドのアカウントに好まれているのに対し、大手ブランドに挑む中小のブランド、およびインフルエンサーが魅力を感じているのがTikTokだ。
93Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
やはり企業からするとブランディングの観点でインスタリールを好むところは多いイメージ。ブランディングよりも、より認知に重きを置くブランドや商品はTikTokなのでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーー
「いまもメジャーブランドがTikTokを拒否する背景には、上層部がTikTokの特徴やカルチャーを、受け入れようとしないことが影響しているのではないかと、ワイリー氏は話す。」
インスタのアカウントは開設されてる中で、インスタリールははじめやすい。

リールはバズも生むかもしれない。

ただ、個人はTikTokを好む。
プラットフォームの差が出てきますね!
TikTokは個人としての表現空間の色合いが強く、
広告・プロモーション的要素は嫌われるからでしょう。
一方、インスタは企業からの発信もコンテンツとして
受け入れる素地があるような気がします。一長一短ですね。
単純にTikTokよりインスタの方が運用実績があるので大手企業は採用している。でもこれまでの実績より新たな実績を作りに行く行動じゃないと新たな成果は出ないよね。もっとチャレンジの姿勢を出したいな!
>リールのほうが、フォロワー数を重視しているということ
これは運用していて肌感覚でも感じていた。
TikTokはフォロワー数は本当に関係ないが、リールはある程度影響している。
現時点では、一定数のフォロワー数がないと、なかなか急激なバズリは起きにくい、という印象。

フォロワー数獲得のために多額の予算を使ってきた広告主に配慮してのことなのかもしれない。
とても興味深い。
ーー
リールが、メジャーブランドのアカウントに好まれているのに対し、大手ブランドに挑む中小のブランド、およびインフルエンサーが魅力を感じているのがTikTokだ。