新着Pick
357Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
12の習慣と聞くと、ちょっと多いと感じるかも知れませんが、要約すれば「何事にもポジティブ且つ柔軟に。常に好奇心を持って、人との関わりも大切に。そして何より健康第一!」ということかなと。
特にポジティブマインドは、発する本人も受け取る相手も幸せになれる強い味方ではないでしょうか。

よく職場で「課題がある。問題が山積み」という言葉を耳にしますが、「伸びしろ、オポチュニティ」と言い換えるだけで、随分印象が変わります。問題が山積みではなく「伸びしろがたくさんある」と聞くと、前向きに取り組めます。

楽観的にポジティブマインドでいることは、心も楽になり夢が叶う気がしますし、ハッピーな気持ちになれると痛感します。
12の習慣を読んでいるだけで幸せな気分になりました。

幸せな人と一緒にいるは大切ですよね。
子供たちは非常に楽観的で、まだまわりのリスクを読みきれないのだとは思いますがいつも周囲のちょっとしたことに素直に幸せそうです。
気前もいいし、とこういう姿を見ていると、大人の感じる心配やリスクをついつい見てしまう自分の殻を取り払おうと思うきっかけになります。
また周囲の幸せそうな人は、いつも仕事も大変そうでもそれ自体が楽しそうであり、得た経験に価値を感じて共有してくださいます。
人にとっての夢はそれぞれ、幸せな人の刺激を受け、また自身もそうでありたく、周囲に影響を与えられるといいなと思います。
12の習慣、いいですね!まとめておきます。
1. 肯定的かつ楽観的な見通しを持つ
2. コントロールできることにフォーカスする
3. 幸せな人たちと一緒にいる
4. 仕事を楽しむ
5. 仕事以外の楽しみを持ち、お金の見方を変える
6. 他人に与える
7. 柔軟な姿勢で臨む
8. 質の高い睡眠をとり、健康的な食事をして、運動をする
9. 恨みを手放す
10. 夢を追いかけ、現実的かつ期限のある目標を設定する
11. 人間関係を育む
12. 物より体験を大切にする
思考から入るのではなく、笑顔になってみる。そうすると状況が変わってくるものですよ。
ニュアンスは違うけど、経営者ならみんなやっているのでは?
良いと思っても、みんな続けることができません。
以下の12個ですが、大事なもの3つに絞りました。

3. 幸せな人たちと一緒にいる
8. 質の高い睡眠をとり、健康的な食事をして、運動をする
12. 物より体験を大切にする

(以下、記事中から引用)
1. 肯定的かつ楽観的な見通しを持つ
2. コントロールできることにフォーカスする
3. 幸せな人たちと一緒にいる
4. 仕事を楽しむ
5. 仕事以外の楽しみを持ち、お金の見方を変える
6. 他人に与える
7. 柔軟な姿勢で臨む
8. 質の高い睡眠をとり、健康的な食事をして、運動をする
9. 恨みを手放す
10. 夢を追いかけ、現実的かつ期限のある目標を設定する
11. 人間関係を育む
12. 物より体験を大切にする

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
これを覚えておけば少々環境が変わってもやっていけますね。