新着Pick
226Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まさにダブルアップ作戦。VWブランドで欧州75%、中国、北米50%とは驚きだ。政府の政策拡大を煽るが如くのEV強気経営。今回、北米を50%に引き上げるところは大きな変化として注目。ソフトウェア強化戦略も注目点である。世界のEVシフトは想定以上に早い転換を目指している。
日本でも2030年代中盤には新車の100%を電気自動車にするという方針で調整されていますが、例えばイギリスは2030年までにガソリン車の販売を禁止、2035年までにハイブリッド車を禁止するという目標が設定されています。これから10年で一気にEVやPHVが増えていくので、akippaの駐車場は充電スポットも兼ねる存在に進化していく構想もあります。
以前も書きましたが、
実際の所欧州では誰も電動車なんぞ作りたいとは思ってないし、
ほとんど誰も電動車なんぞ買おうと思ってないでしょう。

BEVじゃアウトバーン200km/hで巡航して、150kmおきにで充電。
ディーゼルなら、ノンストップで1000km行ける。
クルマで長距離移動するのが当たり前の欧州で、こんなんじゃBEVは使えない。

ソレでディーゼルより高いEVを誰が買うかって話ですから。


しかし欧州で企業平均燃費CAFE規制がキツくなり、規制クリアできないと罰金払わなきゃいけない。この罰金が半端ない。

元々数の出るディーゼルの燃費向上させつつ、電動車も(大して売れなくても)ラインナップしますよ、でCAFE規制になんとなく合わせていく方向だった。

ところが、ディーゼルはVWのチョンボ(ハメられ)で厳しくなった。おかげでガソリン車販売が増えて企業平均燃費は悪化。
そこにCAFE規制もキツくなる。

ならば、売れない電動車売る為の補助金を出せ。

と言うVWの宣言ですね。
欧州でのモーター車普及の波が他のリージョンに波及するかどうか。充電インフラ整備と電池のイノベーションが鍵を握ります。VWはモーター車で「食える」と判断したのでしょう。少なくとも世界首位を争うメーカーの判断はライバルにも影響を与えるのは間違いありませんね。
2030年に年間1億台世界でクルマが売れるとして、動力源は何か、どのメーカーが主導権を握っているのか、予測はまだまだ簡単ではありません。
最近とても興味深かったのが、下記のDeloitteの調査。コロナ以降、EVなどの非内燃車を選びたいと言っている人が減少している。
VWの本丸のドイツでは、2020年調査は51%だったのが2021年調査41%と10ポイント減少。ちなみに米国は41%→26%、日本は63%→55%。どこの国でも減少しているが、絶対水準でも落ち込み方の小ささでも、日本が一番エコな車への選好が強い。これはHVがしっかり浸透しているということもあるが、現実解としてのHVの優秀さと、グローバルロビイング・プロモーションのなかでの弱さも残念ながら感じる。
https://newspicks.com/news/5660011
大雑把な感想だだが、ヨーロッパでは車の寿命が日本よりかなり長い。実際に走っている車の中で電気自動車が主流になるのは、ずいぶん先かもしれない。
ドイツでのドイツ語による報道では、
現在電気自動車が、半年待ちで有り
実に3倍以上の前年比売り上げとなっている。

この理由の大半は、補助金であるが、
この補助金は、2025まで延長された。

この記事にあまり書かれていないが、
VWでは、2025に向けてトリニティプロジェクト
が発表されている。

そこでは、ガソリンと同じ速度の高速充電
レベル4の自動運転、プラットフォーム化による、
機能のアップデートを、ネット越しに行い
データを活用した、新たなビジネスモデルを
ボリュームゾーンで行うとしている。

ドイツの空気は、2020を機会に変わったとしている。
発電の方は大丈夫なんでしょうか?第2の故郷のテキサスがあんなことになったので、ちょっと心配です。
これだけ自動車の電動化が進むと系統をどのように安定化させるのか、など電力インフラの新しい在り方が求められます。電気自体をいかに再生可能エネルギからの調達比率をあげるのか、また再生可能エネルギーは供給コントロールが難しい一面もあるので、SOECなどで水素にしてためるなどの技術、水素から発電するSOFCなどの燃料電池など電力をどう化石燃料に依存せずに作り出せるかが重要になると思います。
膨大な量の電池が必須となります。そして、その電池は、製造時と廃棄時のCO2排出量は半端ではありません…

そうなると、その電力を、火力などに依存しない、クリーン・エネルギーで、どうまかなうか…が大きな課題となることは間違いないでしょう。

欧州的には原子力への依存を高めるのでしょうが…CO2を低減できても、核廃棄物を増加させるということは、本当にサステナブルなのか?

環境に対する価値観が問われます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
フォルクスワーゲン(ドイツ語: Volkswagen AG)は、ドイツのニーダーザクセン州ヴォルフスブルクに本社を置く自動車製造会社。傘下であるポルシェをはじめ、傘下の会社を合わせてフォルクスワーゲングループを構成する。 ウィキペディア

業績