新着Pick
67Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
K字回復と言われるように、景気が良い人(上向きの線)と経済的に苦しい人(下向きの線)に極端な差が出てしまう点は、如何ともしがたいです。

その人の能力云々ではなく、ほぼ運が良かった悪かったの世界だと思います。
すべての業種業態がコロナで悪影響を受けているわけではありません。
中には、コロナバブルに沸いている業種もあるでしょう。

このような中、約半数が「厳しくなった」と回答していることは深刻に受け止めるべきだと考えます。
コロナ禍による影響は、ある意味、運不運が大きく、影響がない人やコロナ禍がむしろ追い風の人がもし社会全体の深刻さに関心を持たなければ、緊急事態宣言の延長するしないなどにも、一部の若者は興味を持たないであろうことが想像出来ます。

コロナ対策で政府ががんがん国債を発行している悪影響は、今しばらくは感じないような状況でもあり、取り敢えず、生活が出来ていれば良しと考えてしまう無関心派と、生活が苦しくなっている人との間の温度差はかなり大きいでしょうね。