新着Pick
111Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
4Kが16Kになったのだから4倍では?と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。この4Kとか16Kというのはざっくりといって横方向の解像度。縦方向も比例して伸びるので横も縦も4倍で16倍となります。

最近話題の8Kについて考えてみましょう。非圧縮では
24bit ×7,680×4,320×30fps =24Gbps
となります。色深度やビットレートを変えればこの数字はもっと上がります。これで最新のH.265と呼ばれる規格の圧縮技術を使うと80-100Mbpsくらいまでに圧縮できます。8Kを16Kにすると4倍なので400Mbpsくらいの帯域が必要です。5G携帯や高速インターネットでは転送できそうな速度。ただし、一般的な地上波や衛星放送では間に合わなさそうです。また、カメラやエンコーダ(映像を圧縮するハードウェア)、保存・編集機材が大変なことになることも忘れてはいけません。

この高解像度映像の分野はNHKやNTTを始めとして日本企業が牽引する分野であり、これからも期待しています。「単に解像度が高くなっただけでしょ。いらない。」と思われる方は是非NHK放送技術研究所公開などで本当の8Kを経験してみてください。まるでその場にいるかのような臨場感を感じられますよ。

スーパーハイビジョン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3
エンターテイメントの楽しみ方が大きく変わろうとしていますね。

・少数だけど、会場で「生」を体験する層
・それぞれの場所で「生放送」を好みのアングルで楽しむ層
・生放送終了後のオンデマンド配信を、好みのアングルで楽しむ層

楽しむためのビューアーが、スマホやヘッドマウントディスプレイで良いのか?という、ハードウェアの世界に議論が入っていくものだと考えています。
Oculus Quest 2を体験してみてわかりましたが,VRの4Kは見えていない背面も含む360度で4Kなので,視野の範囲の解像度は物足りません.もっと解像度が必要でした.
16K。ほぼリアルワールドかそれ以上かも知れないですね。安定した通信環境と充分な電力。インフラや供給に課題はあるかもしれませんが実現して活用されたいです。
広く使われる技術になるのか少し疑問に思いました。5Gのシンボリックなアプリケーション事例として訴求を図りたいのだと思いますが、ハイエンド向けのニッチな事例のように感じます。
得られる価値と、投入しなければいけない資金を考えると、SDGsなどが叫ばれている今の時代との相性が疑問です。

膨大なデータ量を扱い、転送、再生するために、どれだけの電力を使うのでしょうか?

個々に360度VR映像を観るのと、プロのカメラマンの視点の映像では、どちらがすばらしいでしょうか?

サービスは、時代の流れとの相性も大事だと考えます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
VRの敵である「酔い」の解消に繋がるかも!
これが実現すると、本当にサイコパスのような世界になるし、バーチャルとリアルの垣根も減る。

未来がたのしみだ。
難しい専門的なことは分からないけれども、大阪万博に、もし16Kのお化け屋敷とスターウォーズの世界というパビリオンがあったら楽しみたいです!
きっとリアリティ半端ないのでしょうね。
株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話の無線通信サービスを提供する、日本最大の移動体通信事業者(MNO)。日本電信電話(NTT)の完全子会社。 ウィキペディア

業績