新着Pick
79Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
---「新たに対話アプリでシェアを取るのは難しい」と指摘。進出済みのインドネシアやタイ、台湾を中心に、交流や買い物など身近なサービスを全てカバーできる「スーパーアプリ」の開発、投入を目指す意向だ。----

驚きです。Grab、Gojekと正面衝突するというようにしか読めません、大きなニュースだと思います。

それら現地産デカコーンによる2強スーパーアプリに対してかなり後発で、ローカルに圧倒有利なサービス産業で、ゆえにアリババテンセントすらも自社サービスではなくマイノリティ投資+ごく限定的な買収戦略によって手掛けている東南アジアで、果たして戦えるのか。
戦うとすれば気が遠くなるほどの莫大な資金を投下して長期間の泥沼戦争は必至、というかそれを避けるため国内では統合したと認識していますが、だとすればそれは最初からこの兵糧を蓄えるためだった、という事でしょうか。

いずれにせよ日本のネットサービス企業で海外で戦う能力、資格がある会社はここしか無いというくらい、いばらの道かもしれませんが同胞としてなんとか旗を立てて頂きたいと切に思います。
いきなり東南アジア全域での勝負はハードルが高い印象ですが、メッセンジャーアプリの領域でLINEが圧倒的なシェアを持っているタイにおいては面白いと思います。タイではすでにLINE Manなどのフードデリバリーやtaxi配車のサービスは提供してますし。とても楽しみなアジア展開ですね!