新着Pick
24Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2014年のフラッシュクラッシュが明らかにした米国債市場の構造的な市場流動性の低下は、その後のFRBや財務省の分析によると、顕著に悪化しているわけではないとしても、改善もしていないように見えます。

今や、長期金利の水準が、実体経済にとっても資産価格にとっても益々重要になって来ただけに、両政策当局には、市場機能の状況も注視し、残された問題への対応を進めることが重要になっていると思います。
この辺りは以前にも短期債で流動性不足の問題が出ていましたので、オペの改善が必要かもしれませんね