新着Pick
29Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
原監督ならではの型にはまらない肯定的破壊。いつも見習わなければと勉強しています。
非常に面白い挑戦。仮にニューイヤーへの参加資格ができた場合、原監督は正月三が日をすべて監督として駅伝に参加することになるかもしれない。また、青学の駅伝チームに所属する人が社会人、学生を制するということすら可能になるかもしれない。
誰にとってもウィンウィンの構想のように聞こえ、非常に楽しみです。自分のまわりでも、全く違う仕事をしながらも市民ランナーとして練習を続けてレースに出場し続けている友人がいますし、有力な選手は集まり得るのではないでしょうか。大学生ランナーとのシナジーがあるというのも面白いです。運営にどこまでのコストがかかってくるかの勝負であって、原監督の知名度を含めた力によるPR効果なども重要なポイントになっているということでしょうか。
関連記事一覧
青学大・原晋監督が語る「心のワクチン」コロナ下の箱根駅伝と新発見
毎日新聞
2Picks

原晋監督「デコボコ駅伝」 3強で4位に沈んだ青学大「駅伝で“外す”選手と“外さない”選手の差とは?」
Number Web|選りすぐりの総合スポーツコラム
2Picks

【箱根駅伝スターの葛藤】大迫傑「僕が行かなかったら」 柏原竜二「短い駅伝なら走れたかもしれないけど」
Number Web|選りすぐりの総合スポーツコラム
2Picks

箱根駅伝予選会 2位通過で94回目出場決めた中大「新しい中大作る」
毎日新聞
1Pick

「失敗とは、何もしないこと」青学大・原晋監督のポジティブ思考 - 林先生の初耳学!復習編
www.mbs.jp
1Pick

旭化成3連覇 大会新記録、3区・相沢が区間新 九州実業団毎日駅伝
毎日新聞
1Pick

《箱根駅伝のウラ側》青学・原監督の“野心的プラン”を関東学連がことごとく黙殺する理由 - 山本 亮介 - 文春オンライン
BLOGOS - 最新記事
1Pick

《箱根駅伝のウラ側》青学・原監督の“野心的プラン”を関東学連がことごとく黙殺する理由
文春オンライン
1Pick

福士「最後の駅伝」を力走、区間2位 「陸上の面白さを教えてくれた」
毎日新聞
1Pick

病院職員が初のニューイヤーへ 創部4年目の埼玉医科大グループ 東日本実業団対抗駅伝
毎日新聞
1Pick