新着Pick
44Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国共産党は、メディアはコントロールできると考えています。少しでもコントロールできない現場ができると、そこの担当者は更迭されます。官僚組織では、担当者が「どれだけコントロールをしたか」を競うようになります。今、中国はWHOはコントロールできると考え始めているのではと懸念します。WHOのコントロールに成功した担当者には栄達が待っています。だから担当者は手練手管で迫るようになります。「独立」とは「不可侵」のレイヤーだとみんなが認識するところから始まります。国際社会は中国の誤解からWHOを守らなければなりません。WHOが信頼を失って喜ぶのは、ウイルスです。
米大統領補佐官が先月「報告書は中国政府の介入が及ばない独立したものであることが不可欠」と発言しています。米国としては感染初期段階のデータが十分に提供されない中でまとめられた報告書が一人歩きすることは対中政策上も避けたいはずです。
公正な国際機関であるWHO。どのような内容であっても、透明でなければならないでしょう。
こちらに関するWSJの報道は下記。WHO主導の国際調査団が「中国湖北省武漢市で行った新型コロナウイルスの起源を探る調査に関する暫定報告書の公表を取り止める計画と、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が4日報じた」

WHO Investigators to Scrap Plans for Interim Report on Probe of Covid-19 Origins(WSJ)https://www.wsj.com/articles/who-investigators-to-scrap-interim-report-on-probe-of-covid-19-origins-11614865067?mod=hp_lead_pos7

業績