新着Pick
957Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは昨年、"ギグパートナー"を始めてみて、副業をしてみるも、受け入れるも、何にしても「副業はけっこう日本を変えるかもね」と思うに至り、急ぎこのようなサービスの開発をしてみました。

求人産業は我々は経験が少ないですが、ギグパートナーで感じたパッションをあまり業界のあたりまえに囚われずにやっていければと思います。

転職はさておき、副業は誰しもがやれるとこだと思いますので、みなさん、ぜひご利用ください!
使ってみたい!どんどんこういうサービスが出てくると思う。自分の所属組織の看板が取れた時に、市場でどれだけスキルが通用し、市場からどれだけお金をもらえるか挑戦するべき。複業は相互に良い影響を与え合えるものを選ぶと良いと思う。
この流れで、企業も社員の複業を管理するシステムが必要になってくる。見て見ぬふりすると、情報漏洩やスキル活用の機会損失など、お互いにとってメリットがないので。複業している社員が堂々と社内で伝えて、そのノウハウを活かす仕組みを作れれば理想です。
なるほど、そうきましたかー!という感じ。先日の副業人材募集もこの事業のトライアル的な意味あいだったのでしょうか?副業マッチング市場はますます激化ですね。個人にとっては機会創出につながり本当に良い時代になったな…と思います。
おお!面白い。ちょうど「リモート副業革命」として、ヤフーのギグパートナー制度を取り上げたところでした。ヤフーは自社の働き方だけでなく社会全体の働き方を変えていきそうですね。

有料記事で恐縮ですがぜひご覧ください。
第1回【小澤隆生】本業と副業の境目はなくなる
https://newspicks.com/news/5645361/
第2回【ひろゆき】ヤフーで、副業してみて分かったこと
https://newspicks.com/news/5647941/
これからの新しい働き方のひとつとして、このようなサービスを始められること歓迎します。
この一石を投じることが、どんな流れの変化をもたらすのか、ワクワクします!
私も自分自身の培ってきたスキルが、会社に、社会にどんな変化を起こせるか、どんな貢献ができるのか、「自分株式会社」として常に自分考えています。
それが今で言う副業という形がいいのかわかりませんが、これもチャンスととらえ、挑戦していきたいと思います。
Yahoo!ジャパンといえば自社でも副業を募集して、すっかり副業に対して先進的な取り組みをしているイメージがつきましたね。プラットフォーマーとしては、自社における外部人材の活用以上に、ビジネスとしてサービス提供をする方に意義があります。

いままで自社採用や、業務委託など、自在の活用の仕方は人が介在することによって業務依頼内容の合意や品質コントロールなど手間とコストが掛かる分なりたってた部分があると思います。

クラウドソーシング以上に業務の定型化が難しい領域も、徐々にプラットフォームサービスも発注側も受注側も改善していくと思うので、将来の人材が流動した中でのビジネスの在り方がどんなものになるか、ほんとに楽しみですね。

企業側も人材側も、変化への対応が必須となりそう。
これは是非とも使ってみたい!!

人材のところはリクルートの牙城かと思っていたが、楽しみですね。

ヤフーは去年もギグワーカー募集で話題になってましたし、この辺りのノウハウも活かせているところもあるのだろう
おもしろそうだし求人の内容が気になりますね!と思ったら弊社の名前が。
中の人からしてもどういった業務を副業でお願いするのか非常に気になるところです。
今後こうしたプラットフォームはどんどん出てくるでしょうね。
副業という機会を生かして、自らの強みを社会や顧客に提供する経験や、自社のブランドに頼らず収益を得ることへの挑戦など、成長の機会となればいいですね。
Yahooって個人的にはもう一切利用していないサービスで、そんな人も増えているのではないかと思うと、「LINE副業」の方がいいと思います。
ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
5.27 兆円

業績