新着Pick
125Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日夜は、低気圧が通過したあとの吹き返しの北西風が強くなったところがあり、東京も都心部のアメダスでは10分間での平均風速が7~8m/sとなっていたほか、羽田空港でも10分平均で15~17m/s、瞬間では25m/s近い強風となっていました。関東地方では越後山脈の標高の低い部分(谷川岳周辺から苗場にかけて)が風の通り道となることがあり、これと風向きが一致する場所で強い風が吹くことがあります(群馬県では赤城おろしとして知られています)。

現場の状況をみたところ、ちょうど建設中のビルに対して正面から風が吹きつけるような向きとなっており、足場につけられていたシートがもろに風を受けてしまったように見受けられます。せめて、ビルの屋上部分にあたる足場のシートを外しておけばよかったのですが、気象庁から強風注意報が出されているくらいではなかなかそういった対応も難しかったのでしょうか。
テスト期間中の学校も多いこの時期に、この運休は痛いです。
強風の影響でビルの工事現場の足場が崩れて架線にひっかかり、停電が起きてしまっているそう。
「この影響で東急東横線は渋谷駅と武蔵小杉駅の間の上下線で3日の始発からも運転を見合わせて」いるとのことです。

公式ツイッターもでも情報発信されていらっしゃいます。ご参考まで。
東急線運行情報【公式】
https://twitter.com/tokyu_official
やはり強風が原因だったのですね。この日は沿線にいましたが、確かに強い風でした。運転再開にここまでかかるとは思いませんでした。この季節の低気圧は急速に発達しやすく、このような風も吹くので、油断大敵です。
強風の日は、たまにある事故ですが、公共交通機関に接する可能性がある場所ですと、さらに注意点は増すはずです。足場はビルの改修用だったのでしょうか、設置や強度、強風対策…そのあたりの検証が求められます。
昨夜は本当に風が強かった。運行時間中でなかったのがせめてもの幸いだと思う一方で、リモート勤務が増えているとは言え、朝の東横線が止まるというのは困る方も少なくなさそう…
地震かと疑うくらいの強風だったからなー
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア
東急株式会社(とうきゅう、英語: TOKYU CORPORATION)は、東急グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
9,392 億円

業績