新着Pick
660Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いかに自分たちのコンテンツが消費してもらうか、政府や企業がコントロールするのは間違いである。この記事を読めば、それが痛いほど納得できます。

1979年に生まれたシティ・ポップが、今回はYouTubeではなく、TikTok発で世界的にバズり、ほかのサブジャンルを含め、ここまで日本のコンテンツが新たな命を吹き込まれる時代。世界に打って出ていくには、とてつもない可能性があります。
時代超えたロングテール


エモーショナルなサビが特徴的な1979年のデビュー曲『真夜中のドア〜stay with me』で日本でヒットを記録したシンガー・ソングライターだ。

2010年代後半に、YouTube上で日本のシティポップに世界的な注目が集まったことで、この楽曲もネット上で再発見されていたものの、竹内まりやの『Plastic Love』という世界的なバイラルヒットと比べると、取るに足らないレベルだった。
しかし、その後、松原の全曲がSpotifyなどのサブスクで公開されると、2020年12月には、ネット上でのミームとなって電撃的に拡散し始めた。
エモーショナルな波動をどう捉えるか、TikTokをウォッチしていれば、それがわかるということですね。
この連載について
日本のポップカルチャーが覚醒し始めた。実は、アニメや音楽など、日本カルチャーは、主に日本人の知らないところで「発見」され、強固なファンを生んでいる。クールジャパンなど、政府主導の取り組みの外側で。その最前線をお届けする。