新着Pick
85Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インバリアント分析という技術らしいです。時系列センサーデータが複数あるときにセンサー同士の関係性(値の比など)がどのように変化するのかをモニタリングする手法だということです。どのようなセンサーのグループでの監視するのかとか、閾値をどのように設定するのかあたりがノウハウみたいです。この辺には機械学習が応用できるかもしれないですが、実際どうなってるのかはヒミツみたいですね。
「AI」という言葉はいろんな意味で使われるので注意が必要です。ここ数年はとりわけてDeep Lerningを指すことが多々ありますが、おそらくここで使われているのはDeep Lerningではなく、昔からある系統のmodel-basedの故障診断アルゴリズムかなと思います。間違ってたらごめんなさい。
使われている技術は下記ですね。あまり技術的詳細は書かれていません。

インバリアント分析
https://jpn.nec.com/ai/analyze/invariant.html

あと、AIを宇宙に持っていくという話ではなく、地上での開発のときに使うという話だと思います。地上であるなら様々な検討にAIが使えると思います。宇宙に持っていくとなると計算資源・電源・通信などいろいろなことを考えないといけなくなります。
ビッグデータを使うAIはともかく、多数のセンサーからのデータを調整する産業用AIとなると日本はまだまだ勝負できるんだな。
ご参考
https://newspicks.com/news/5550560

通常稼働時定常状態でのセンサ出力値間の、計測タイミングによらない(invariantな) covarianceを何とか ( "AI"で) モデルし、そっからa*sigmaはみ出てる時シグナルする、っていう感じですかねぇ 学習後ならチップに焼けば持ってけそうなので、そうするんでしょうねぇ 地上での学習データは試作品とシミュレーション (あ、デジタルツイン、っていうんでしたっけ)から取って

あ、コレ記事から想像ですので、そのままお信じになりませんよう
米国の有人月面探査である「アルテミス計画」の宇宙船開発で、 NECの持つシステム異常を早期に検知する同社の人工知能技術が採用されたとのこと。
プレスリリースはこちら
https://jpn.nec.com/press/202103/20210302_02.html
日本電気株式会社(にっぽんでんき、英語: NEC Corporation、略称:NEC(エヌ・イー・シー)、旧・英社名 Nippon Electric Company, Limited の略)は、東京都港区芝5丁目に本社を置く住友グループの電機メーカー。 ウィキペディア
時価総額
1.77 兆円

業績