新着Pick
91Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
>ネイティブ並みに話せる場合は、代表承認を得ることで外国語を話すことを例外的に許可する
人気 Picker
ベンチャー企業の外国籍採用の支援をする中で、言語の壁がネックになり素晴らしい出会いをたくさんの企業が逃してきてた現状を見てきました。そのため、このロゼッタの子会社が開発したVR空間上で異言語同士会話できるプラットフォームは新しい採用やグローバル人材とのチームづくりの可能性が感じられて面白いな、と思います。
こちらにVRオフィス空間上でどんな風に翻訳されるのかの実際の映像があります。https://advanced.massmedian.co.jp/news/detail/id=7603
翻訳にかかる若干もタイムラグはありながらもそれなりにスムーズにコミュニケーションが出来ている様子は興味深いです。

一方で、なんとなくこの記事の「日本人の英語禁止」
「外国籍の人の日本語禁止」という上からの制約や押し付けという形でのこのVR空間のサービスアナウンスしたトーンには違和感を感じました。また語学の壁から解放されたという明るい幸せな話なはずなのに、どうも下記の文章から語学コンプレックスを全面に感じられます。
英語や日本語が完璧ではなくても、異言語・異文化コミュニケーションを心から楽しむ、という軽やかな視点や姿勢を持てるようになることも、語学の壁を越えること以上に大切なのではないでしょうか。

言語の壁を乗り越えることと、言語の壁すら楽しみながらお互い理解し合おうと努力することは、相反する試みではないのではないかと個人的には思います。

----下記本文にあったロゼッタ社のメッセージ-----

英語ができる無能な人が重宝され、本当に実力のある人々が抑圧される暗黒時代はもう終わったのです。
英語ができないだけで不遇な目に会っていた、優秀で素晴らしき人達。あなた方はついについに、檻から解放されたのです。自由に、羽ばたいてください。思う存分、きらめいてください。

また、たまたま語学ができる人に、本業と関係ない翻訳仕事を依頼するのも無しです。

--------------
技術的にはすごいと思います。ただ、機械は「文化」を訳せないと思います。
また、差別的に捉える人も出てきてしまうのではと心配してしまいます。ハイブリッド型にして使いたい人が使えばいいのではないのでしょうか。

https://advanced.massmedian.co.jp/news/detail/id=7603
株式会社ロゼッタは、東京都千代田区に本社を置く自動翻訳の開発および販売を行う会社である。 ウィキペディア
時価総額
261 億円

業績