新着Pick
20Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ECBが長期金利の上昇に関して口先介入をしたと考えて良いわけでずか、一方でユーロ圏のみならず、先進国の金利上昇は米金利に牽引されたものです。
つまるところ、FRBが金利上昇に関して何らかの抑制スタンスを見せない限り、市場としては債券売りを引き続き仕掛けてくるのではないかと思います。ないしは財務省がドル高を牽制する発言をするなど。
ユーロ圏のインフレ率は春以降に顕著に改善することが見込まれていますが、それは昨年の原油価格下落の影響やドイツのVAT減税の影響が剥落するためです。

さらに、昨年中の消費支出がコロナ対策の影響で財消費に集中したため、HICPの算出における消費バスケットでも財のウエイトが上昇する結果、インフレ率が過大評価される可能性もあります。

いずれにせよ、ビルロワドガロー総裁が指摘するように一時的な現象ですが、その際の市場のセンチメント如何では、長期金利の上昇の材料になる恐れもあります。
ユーロでも長期金利の上昇が起きていますね。米国のような市場の混乱は避けたいところでしょう
Premiumを無料で体験
登録・ログイン