新着Pick
213Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
車体の提供が必要な事業で起こり得る財務リスクですね。

実際の発火率に対して、大きなリコール規模を検討されます。今後のモビリティやEV提供ベンチャーは、その財務リスクについて要注意です。
(特にEVになると、エンジンの部分的な交換ではなく、まるまる電池部分の交換が必要になって高額になりがち。尚、本件はEVでは無いです。)

本件はあくまで「調査」であり、タイミング的にはトランプ政権下で勧められたリサーチのようにも見受けられますがどうなのしょう…

テスラを中心として米国産EVの流通加速には、日本製ブランドのイメージ低下が必要です。その辺のバイアスを、現時点では考慮しても良いかと思います。
詳細は不明ですが、ハイブリッドモデルでしょうか。

北米向け先代RAV4ハイブリッドの動力用電池はニッケル水素電池かと思いますので、リチウムイオン電池に比べ発火の危険性は低いはずですけどね。
初代プリウスからずっとこの構成で、問題になった事は無かったように記憶してます。

〈追記〉
T.Rikiさんのコメントにある様に、車載用12Vバッテリーの端子ショートの様ですね。ならばハイブリッドも通常モデルも含まれるか。

電装品用12Vバッテリー は、マイナス側をボディに接続、プラス側を電力配線で機器まで接続します。
ですので、プラス配線がボディに触れるとショートします。


となると、このリコールは恐らく電気配線に関するものですね。
配線ルートが悪く、振動等により配線皮膜が剥がれてボディとショートしてしまう箇所があるのでしょう。
RAV4は北米トヨタの売上トップ車で、ピックアップトラック以外の車では、全体でも売上トップの製品です。
2019年に第5世代モデルが投入されたので、第4世代になるでしょうか。

かなり好調な車だけに、調査の動向が気になります。
『バッテリーの不適切な取り付けか、以前衝突した際のフロント部分の修理が発火の要因とみられるという。』
新規製造時の取り付けが要因であれば、トヨタの瑕疵になりそう。修理の場合は、ディーラーでの修理指示書とかでの問題になるだろうか?続報・詳細待ちたい。
EVともPHVとも書いてない上に台数はかなり多いのでRAV4普通の車種含むのでは?
英語記事読んでると12V バッテリーでの問題とあるので全車種で起こりうるのでは。このニュース、時事通信の言葉不足のニュースが各社でも報道されていて日本語記事だと全部この肝心の12Vバッテリーの話が抜けてる。

https://abcnews.go.com/US/wireStory/us-probing-engine-fires-19m-toyota-rav4-suvs-76181633

(以下本文から抜粋)
The RAV4 is the top-selling vehicle in the U.S. that isn’t a pickup truck.
In documents posted Monday, the agency says fires start on the left side of the engine compartment. A terminal on the 12-volt battery may short to the frame, causing loss of electrical power, engine stalling or a fire.
Most of the fires happened while the vehicles are being driven, but four owners complained that fire broke out with the engine off.
RAV4乗っていた車で、しかも発火した車種に北米で乗っていました。何もなくてよかった…
日本の当局の動きも気になります。
2013〜2018年型RAV4と言うことで現行モデルの一つ前のモデル。アメリカでは人気にもモデルだっただけに、トヨタにとってどれくらいの影響があるものになるか気になります。4代目RAV4は2019年に世界で最も売れたSUVでもあります。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
27.5 兆円

業績