新着Pick
130Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こういう場所と機能の紐付けを時間やニーズによって流動化させるサービスは今後もっと世の中の主流になっていくだろうし、もっといろんな業態でできるはず。特にコロナでニーズは高まっている中で、次はそうしたシステムを前提としたハードの開発へと市場は動き出している。

本来情報のマッチングなのでアプリ開発ができれば誰でも参入ができるはずの業態ではあるものの、ある程度エリアの集積効果があったほうが価値化やすいのも間違いない。その店で特定エリアのテナントとユーザーをまとめて抱えている大手デベロッパーは優位性高いわけで、地所のこの動きはとてもスマート。

エリア特化以外にも沿線特化、チェーン店特化、ビルディングタイプ特化など様々なスケールとレイヤーでの展開が考えられ、それぞれにどれだけの潜在ユーザがいるかはとても興味があるところ。従来型のオフィスやホテルといったビルディングタイプにどう構成的な影響が波及していくかも、建築家としてはいろいろとイメージが広がって興味深い。
Webサービスは、参入が容易なので、ローンチはたいした問題でなく、その後の運用が大変です。
場所がなければユーザーは使わないし、ユーザーがいなければ運用めんどいので場所の供給者も使わなくなります。

類似サービスたくさん出てくるので、どれくらい気合い入れて丸の内界隈を守られるのか、それに尽きるかと思います。
こういった遊休資産の有効活用が今後益々増加した時に、そういった柔軟性にあるれる機能が集積した都市が魅力的に選ばれるようになると思います。新規開発なしで既存資産の有効活用で新たに人々を惹きつける街を演出できたら最高ですね。

個人的に細かい話を一つだけ言うと、その際にWiFiや電源などは無料解放できるスキームになるといいですね。日本は国内のプロバイダ契約がないとWiFiに繋がれない外人に優しくない側面もあるので、その辺りも同時にクリアできましたら、より助かります。
大企業の参入は市場を拡大させる意味で、嬉しいですね!あらゆる場所をフレキシブルワークスペースに出来る世の中にしていきたいです!スペースマーケットWORKも宜しくお願い致します!
やはりプラットフォーマー冥利ですね。読み返しました、ユーザーは0円で募集期間中は利用可?先日の各ホテルの新しい住まいとスペース活用の提案と募集に加えて、とても流通しそうなサービスですね。
三菱地所株式会社(みつびしじしょ、英語: Mitsubishi Estate Company CO., LTD.)は、日本の不動産ディベロッパーである。丸ビルや新丸ビル等のオフィスビルのプロパティマネジメントを担う三菱地所プロパティマネジメントや、住宅事業を担う三菱地所レジデンス、設計事業を担う三菱地所設計等をグループ内に有する。 ウィキペディア
時価総額
2.47 兆円

業績

三菱地所プロパティマネジメント株式会社(みつびしじしょプロパティマネジメント)は、東京都千代田区に本社を置くプロパティマネジメント会社である。 ウィキペディア