新着Pick
1217Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
統合コストを鑑みると、当面はPayPayとLINEPayの併存でいくのでは?とも言われていましたが、コスト面から見ても決済事業の統合を急ぐというのは合理的だと思います。

具体的には統合というよりも、PayPayにユーザと残高を移管してLINEPayを閉じる形になるのではないでしょうかその上で、LINEウォレットの位置にPayPayが入るという関係になるでしょう。

また、LINEPayは、クレジットカードや非接触等も出していますが、VISA LINEPayクレジットカードはSMCCが提供しているので、グループであるワイジェイカード(PayPayカードに社名変更予定)発行に寄せた方がエコノミクス的に良いので、LINEPayクレジットカードの更新のタイミングで切り替えて行くのではないでしょうか?

とはいえ、決済領域をPayPayに寄せていくというのは、イメージ通りだったかと思います。

今回の発表では併存するという事でしか振れられていない、銀行等の金融領域がどうなっていくのかが気になるところです。
人気 Picker
統合の引き金になったのはPayにおける札束殴り合いだったわけなので、当然と言えば当然ですが、国内において上位2社の統合は結構インパクトありますね
こうやって競合を消していった後に、結局は手数料値上げで安易にマネタイズするのか、データを活用した他のマネタイズがあるのか、そんな議論はまだまだ先なんでしょうが気になってしまいます
LINE PayとPayPayは、ユーザーから見たサービスは被るものが多々ありますが、システム的には全く別物なので、LINE PayのサービスをPayPayが吸収すると言っても、単純にシステム統合できるものではありません。

LINE Payは、LINEユーザーがLINE内で利用するのに、かなりユーザーフレンドリーであるように指向して来たかと思いますが、これを最終的にPayPayに置き換えるのでしょうか?

一方、PayPayはカード業界でいうところのJCBカードのような位置付けのようなもので、日本独自で始まったサービスが日本で定着したので、決済の一インフラの地位を確立しています。となると、LINEサービスに対するフレンドリーさだけを特別扱いは出来ないかと思うので、LINEという、これも日本でもはや一つのインフラとなったアプリとどこまで親和性を高めるのか注目します。

また、それぞれ、提携カードの位置付けにあるクレジットカードについては、LINEの方がシステム的には先駆的なカードではあります。これはLINE PayのPayPayへの統合でどうするのか?その点も気になります。
具体的にどう統合して行くか詳細とても気になります!
それぞれのPayの中に入ってる他のサービス(投資、保険など)とか、ポイントプログラムとか、連携できる銀行の違いとか、最後どうまとまるでしょうね。
「LINEウォレットからPayPayの利用が可能に」という画像が気になる。フロントエンドとなっているアプリという観点では、そのうちPayPayはやめるのだろうか?LINEユーザーのほうが多いだろうし、メッセンジャー機能があるからタッチポイントが多いし。

一応記録的に過去のPickを振り返ると2019年11月の統合発表時は「当面併存」の方針だった。
https://newspicks.com/news/4388909
当然そうなるよね〜 色々被っているサービスをどう整理統合していくか。注目。 >LINE Payは「PayPay」が吸収へ。統合は2022年4月の予定。
iDとかNFCの非接触決済はLINE Payを継続するのかな。
Google PayにVisa LINE Payプリペイドカードを設定して、Visaのタッチ決済を使うことが多くなってる。これはPayPayになっても無くして欲しくないんだけど。
将来的にはLINE Payの非接触決済もPayPayに統合されていくとして、統合の時期はいつになるんだろう。
Yahoo! JAPANとLINEの統合会社Zホールディングスの動きは早いですね。
海外のライバルと戦うにはスピードは絶対に必要です。
日本にも世界に通用するブランドが誕生するかもしれませんね。
とても頼もしいです。
こういうのがあるからなあ。
LINE ペイもう使いたくない。
注力領域の中でフィンテックは国内で勝つのは予想できます。ただし、コマースとローカルは確変がないと国内で爪痕を残すことはできないでしょう。そして「なぜ爪痕を残すに至らないか?」「フィツテックは勝てるのか?」の本質を把握しない限りは、次の成功の一手も出てこないのではないでしょうか。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
21.0 兆円

業績

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
4.15 兆円

業績