新着Pick
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現代版、尾崎豊「卒業」。
体制への抵抗という意味では共通しているのかもしれませんね。

でも一部の若い世代には「卒業」の歌詞はまったく共感されないらしいから面白い。すでに百家争鳴ですが、私としては、その子たちが受けてきた教育がすでにそれなりにリベラルで、反抗する「体制」が存在しないからなのかもしれないな、とか考えました。
関連記事一覧
私たちの何がわるいの?どうすれば日本の子どもを「幸せ」にできるのか
LIMO
58Picks

子どもが幸せなのはママが幸せだから?「子ども幸福度世界一」のオランダに学ぶ「大人も子どももハッピー」な習慣と考え方
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
14Picks

少年院出た子どもたち、2割以上が塀の中に逆戻り社会に留まらせた意外なものとは
Business Insider Japan
7Picks

児童虐待の悲劇を止める 「子ども家庭庁」創設が急務 | | 山田太郎 | 毎日新聞「政治プレミア」
毎日新聞「政治プレミア」
5Picks

バイデン氏「親中派」「反日」の素顔、日本はどう付き合うべきか - ロシアから見た「正義」 “反逆者”プーチンの挑戦
Diamond Online
5Picks

「子ども版インスタ」開発計画、米議員が懸念
The Wall Street Journal
4Picks

スコットランド、親が子どもをたたく行為を法律で禁止 イギリス国内で初 - BBCニュース
BLOGOS - 最新記事
4Picks

親を捨ててもいいですか? 虐待・束縛をこえて - NHK クローズアップ現代+
NHK クローズアップ現代+
4Picks

【大反響】「落ち着きのある子ども」は「感情の名前」を教えて育つ(コロナ禍の子育て) - 絶対に賢い子になる子育てバイブル
Diamond Online
3Picks

「好きな子ができた!」小学生の子どもに打ち明けられた親の心構え - ベネッセ 教育情報サイト
BLOGOS - 最新記事
2Picks