新着Pick
103Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
恵比寿と目黒の人達に親しまれてきた三越が本日閉店しました。最後の土日は緊急事態も何処へやら、凄い人の数で溢れ返っておりました。
最後の閉店セールで、ベビー用品店などは商品が無くなるほどの争奪戦。地下二階のスーパーは、連日レジが長蛇の列をなしていました。

これだけ地元に愛されてきた三越であり、特に寂れている印象を持っていなかったため、閉店したのは残念です。これまで大変お世話になりました。ありがとうございました。
三越の後には、ライフと明治屋、そしてトモズが入る模様です。
1994年にモルガン・スタンレーが恵比寿ガーデンプレイスに移転し、長らく仕事と生活の拠点にしていたので、恵比寿の三越さんにはお世話なった。周辺は、かつてビール工場であったころとは比ベものにならない程の奥行きのある住宅街になり、恵比寿三越は地域の生活に密着した商業施設として機能していたと思う。裏を返せば商圏はあったはずで、三越が出れば、新たなプレーヤーが挑戦するという現象がまさに起こっている。不動産というのはそういうもので、周辺経済の土台がしっかりしていれば、今回のようなことが起きる。
その意味でも、開発側にも、投資側にも、そしてテナント側にとってもデータに基づくリアルな商圏分析がますます重要になるということがよくわかる事例だと思う。
三越恵比寿店は1994年に複合施設「恵比寿ガーデンプレイス」に開業
川口に住んでいた時、沢山お世話になったな。
ワイフが妊娠した時に日々に食べられるものが減っていき、食べられるものを地下の食料品売り場で探し回った。
あの頃はコンシェルジュができるぐらいフロアと商品のこと知ってたわ
恵比寿三越は、恵比寿アトレ別館ができて撤退が決定的になったと感じます。

駅近立地のアトレに歯が立ちませんでした。
恵比寿ガーデンプレイスは未だ人気はあるものの、
建物も人も古さを感じます。壱番館、弍番館は設計が古くて間取りが悪く、居住者はお年寄りばかりです。
百貨店の主な顧客層が高齢者、ショッピングセンター・モールがファミリー層。求めているものがブランドか価格設定の妥当性か。明暗が分かれた結果であるように感じます。
恵比寿の三越さんが営業終了とのことです。
ガーデンプレイスによく営業に行っていましたが、訪問後テラスで打ち合わせたり、ちょっとした買い物に入ったことがありました。
ガーデンプレイスのお洒落な雰囲気を作り出していた一角がなくなると寂しくなりますね。
先週久しぶりに行ったのですが閉店するとは気づかなかった。目黒に住んでたときはよくお世話になったなあ。時代を感じる。
恵比寿ガーデンテラスから結構な数の人が引っ越した。
株式会社そごう・西武(そごう・せいぶ、英称:Sogo & Seibu Co., Ltd.)は、セブン&アイ・ホールディングス傘下の小売業者である。百貨店の「そごう」「西武」(旧:「ロビンソン」を含む)を運営している。 ウィキペディア
株式会社三越伊勢丹ホールディングス(みつこしいせたんホールディングス)は、日本の百貨店の純粋持株会社。同社傘下として三越伊勢丹(関東地方の店舗を運営)をはじめとする各地方の百貨店運営会社などを所有している。 ウィキペディア
時価総額
3,256 億円

業績