新着Pick
62Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
様々な想定でCO2排出量や走行距離あたりコストをひと目で比較できるのが、

https://www.carboncounter.com/#!/explore?electricity_ghg_fuel=460

です。↑では電力のCO2排出係数を、2018年の日本の実績値463g-CO2/kWhに近い値で設定してあります。

この手の比較は前提で大きく変わります。この記事では製造時のCO2を論文値からそのまま使っていますが、当然どの国で製造するかで変わってきます。それが現在議論しているカーボンプライシングの国境調整の問題です。

寒暖サンタさん仰る通り、本来であれば、最も低コストでCO2削減できる手段から量的に実施していくべきですね。

また、HVとEVでは経済特性が異なるので、同じ使われ方をするという前提がそもそも成り立ちにくいです。仮にシェアリング利用(タクシー、レンタカー、事業車両等含む)が中心になれば、利用率が全然変わってきます。
非常にわかりやすい寄稿、ありがとうございます。

本寄稿を読み、結局のところCO2排出量なんて、みんなどうでもいいって事なんだよな、と改めて思いました。

トヨタもマツダも真面目過ぎ。
誰もそんなとこ見てないよ、と。

もっと国を挙げてあざとくやらないと。
日本自動車業界の負けが確定的になってしまう事を危惧してます。
後で読んでみる。