新着Pick
23Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アメリカは10-20年位前までは石油輸入に頼っていましたが、シェールオイルの開発などで、現在では輸出と輸入がほぼ相殺するところまで来ています。アメリカはもはや中東の石油に依存していないのが実情です。これにより、特に民主党内でサウジ政府に対して人権問題などでより厳しい姿勢を取るべきと言う意見を良く耳にします。一方で、日本を含めた東アジア各国は未だに中東の石油に対する依存率が高いです。この利害関係の乖離は意外と知られていませんが、もっと注目されるべきだと思います。
改めて大統領が説明しなければならない状態というのも異様な感じがする。鍵になるのは先日のシリア空爆が対サウジへのメッセージとしてどれだけ効果があったのかどうか、というあたりだろうな。
石油の輸出を止められたり、イランの時みたいにアメリカ大使館占領されたら元も子もないので慎重になる理由もありますね
中国なら、内政干渉はやめろと言うでしょうね
ミャンマー然り、全ての干渉をしなければ世界は同じ過ちをそこら中で繰り返しそうですが
皇太子を制裁対象に含めていないことに対する批判の声が上がっていることによる対応のよう。米政権の対サウジ方針。どうなりますでしょうか。