新着Pick
186Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
筆者がまだアンバンドリングしたアプリ体験に慣れていないから不便に感じるだけ。アプリ時代は1機能1アプリになる。

Web時代は全てのサービスが一つのサイト上にあるポータル戦略が有効だったけど、アプリ時代は自分のホーム画面がポータルになるので、その戦略は通用しない。ユーザーは自分の体験にあったベストなアプリを選ぶようになる。
この「大アンバンドリング時代」はプロダクト設計においてこれからの主流の考えになると思う。スマホ時代になり各機能がアプリの中で統合されている必要性は薄くなった。それよりもユーザーのホーム画面に機能毎のボタンを設置してもらう事の方が優先度が高い。「データはバンドルし、機能はアンバンドルする」これが基本!
なぜMessengerを残すのか分からない。WhatsAppで全部統合すれば良いと思う。
下記の部分が(PC派の声を代弁しているようで)とても面白かったが、、ローティーンの娘の反応は、「(PCの)Facebookはいろいろあってわけわからん」。これがF1予備軍の声。
「フェイスブックは、可能であればみんなの全アプリを支配しようとしているかのようです。それはビジネスだから仕方ないのかもしれません。でもサーヴィスを可能な限りバラバラのスタンドアローンアプリにする(または別のアプリを買収してくる)というやり方は、ユーザーにとってはうっとうしいものです。
上にメモリの問題を書きましたが、それが一番大きいことではありません。かりにメモリが700GBとかあって動作に問題がなかったとしても、いろんなアプリを目的別に切り替えなきゃいけないってだけで面倒です。
フェイスブックがここまで成功した理由のひとつは、ワンストップのソーシャルネットワークだったからです。写真にコメントしたりウォールにポストしたり、または個別にメッセージを送ったりがひとつのサーヴィスでできるのが便利なんです。それをわざわざ分解してしまうと、その一番コアな魅力が失われてしまいます。1ヵ所でできるはずのことを、いちいち3つとか4つアプリを立ち上げてするようになるなんて、ユーザー体験を複雑にするだけです。
中略
アプリを増やせばそこに広告を載せられます。競合が入る余地も少ないです。ただアプリが増えることで唯一損なわれるのが、ユーザー体験です。」
Facebookは重くなりすぎやん。だけど分けるとめっちゃ不便
Androidで強制移行で使い始めましたが、結構作りこんであるなと思いました。アプリを開く前から画面の右上にメッセがあった人の顔が常駐してて分かりやすい。ただ行き来できなくなったことで、2つに別れたことによる不便さはありますね。
それよりも今のところWhatsAppの影が全くないですが、統合の戦略は見せないんですかね。
アプリの細分化はしばらく続く方向性。中長期的にはまたサーバーサイドベースに揺れ戻しがどこかで来るというのが過去からみとれる流れ。
ユーザー体験が損なわれればユーザーが逃げていくだけなのでそこが論点ではない。
アンバンドリングでfacebookの「コミュニケーションそのもの」と「そのコミュニケション相手の日々を知れる」という連続的だったユーザー体験をどうやって維持していけるかがポイント。
これは、とっても不便!ネガティブ。
Facebookのメッセを使えば、まだ知り合えていないけど名前だけがわかっている人にメッセージ送ることもできたし、ちょっとした連絡にも便利だった。その機能が維持されるにしても、いちいちアプリを落とさねばならないという心理的ハードルがあがってうんざり。ユーザーに向けてサービスをより向上させようという姿勢ではないなと思います。
大アンバンドリング時代は「削ぎ落とすUI」とセットで語られる。(やり方ちょっと強引ですが、どっちつかずになるより)私は賛成。