新着Pick
278Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
そもそもの問題は、ソフトバンクグループと傘下のビジョンファンドが「WeWorkにさらなる投資する約束をしていたのに果たさなかった」というものでした。「反故にされた約束」とは、30億米ドル(約3200億円)の公開買い付け(TOB)についてで、2019年10月にこの約束をソフトバンクが取りやめる発表したとのことでした。それまでにもソフトバンクは多額投資しており、現在もソフトバンクは、WeWorkの筆頭株主です。

ソフトバンク側のTOB取りやめの理由として考えられたのは、WeWork共同代表(実質的な最高権力者)だったアダム・ニューマン氏(後、退任)の放漫経営で、企業ガバナンスの欠如にも大きな問題があるとされていました。これには、私的に還流される高額報酬、複数の関連企業が絡む複雑な出資関係、圧倒的な収益性の悪さ、WeWorkに都合が良いと思われる決算の方法(非上場なので、ある程度は「我流」が通ってきたのだと思います)などが含まれ、これらがソフトバンクの株式公開買い付けと並行して行っていた、WeWorkの新規株式公開(IPO)の準備段階で明らかになり、株式市場が問題視したことなどでした。

違約金を払いたくないソフトバンクに対し、違約金を求めるWeWorkの構図で、両社の「争点」は、ソフトバンク側の契約違反を訴えたWeWork側の「責任の度合い」だったと思われます。

2021年1月28日には、WeWorkがすでに上場している特別買収目的会社(SPAC)に吸収合併してもらう方法により上場を果たす計画があることが報道されていました。これが実現すればWeWorkの資金繰りが改善することが見込まれ、すでに大規模に出資をしていたソフトバンクも出資金を引き上げる手段を得ることができます。

ここで両社が手を組むと、共にメリットが大きいということになりますので、合意条件はわかりませんが、「そこそこで手を打ち、早く上場を実行しよう」という目論見になったのではないかと想像します。
ソフトバンクGとしては、いまのうちに上場させたいから、というように思う。たしかWeWorkも種類株だったと思うが、買取後の議決権構造はどうするのだろう(自分は上場後については経営結果が出ていなかったりガバナンス課題があるときの株主のオプションが減るという観点で種類株は反対)。
SPAC上場に向け着々、といったところでしょうか
https://newspicks.com/news/5637809/
WeWorkには様々な問題もあったが事業としての見込みがないわけではなく、SPACを含めた出口戦略が見えてきた以上、直すべきところを直し、協調して事業を育てていくことが双方の利益になるという冷静なビジネス上の判断があったと理解すべきでしょう。それ自体は何ら批判されるべきことではないし、コストが適正にコントロールされさえすればWeWork的なビジネスはこれからも十分成長していく分野であることは間違いない。和解の背景にはそうした当たり前の判断があったはずです。
WeWorkすなわちアダム・ニューマン氏のごね得だったのでしょうか。
いづれにしてもソフトバンクは次の手を打てるようになったので良かったと思います。
ついに上場が視野に入りましたね。
コロナ騒ぎの中、おもったより経営が上手くいっているのかもしれません。
最終的には、SBGとアダム・ニューマン氏の利害関係は一致していますから、感情論を排除して、ドライに条件を決められれば和解した方が両者共に得ということですね。
もちろん、条件は互いにきちんと守るという条件付き。

いわば、家庭内別居みたいな和解…
握手はしない。
→コロナなので握手がマナーでないので問題なし
ソフトバンクグループ、WeWorkと和解。SPACでの上場の目処が立ってきたので、和解した方がお互いにメリットがあるとの判断なんだろうな。
armもweworkも炎上ばかり
勝ち馬を大量買いしても
美味しいところだけとることはできない
世の中とても複雑にできている
どれも難しい舵取りで相当な間接コストがかかるだろう
ソフトバンクグループが「WeWorkから提起されていた訴訟に関して、WeWork取締役会の特別委員会と、WeWork創業者のアダム・ニューマン氏と和解を結んだ」と発表しています
リリースは下記です
https://group.softbank/system/files/news/press/2021/20210227/pdf/20210227_ja.pdf


ウィーワーク創業者、ソフトバンクGと和解に近づく=関係筋(Reuters、2月23日)
https://newspicks.com/news/5637809
「ソフトバンクグループは、シェアオフィス事業を展開するWeWorkから提起されていた訴訟に関して、WeWork取締役会の特別委員会と、WeWork創業者のアダム・ニューマン氏と和解を結んだと発表した。」
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
20.9 兆円

業績