新着Pick

フランス当局、原発寿命10年延長 50年運転認める

産経ニュース
【パリ=三井美奈】フランス原子力安全局(ASN)は25日、稼働40年を迎える国内の原発32基について、40年とされてきた運転期間を50年に延長してよいとの判断を示した。マクロン大統領は地球温暖化対策のため、原発を重視する姿勢を示しており、ASNの判断は追い風となった。
1Pick
Pick に失敗しました