新着Pick
24Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
足元の回復は想定通りでした。緊急事態宣言を受けてサービス需要は落ち込んでいますが、モノの需要は堅調を維持しています。ただ、3月の生産計画が大きく落ち込んでいることが懸念材料。電子部品や生産用機械などで急減の見込みなので、外需要因かもしれません。一時的な落ち込みなら問題ないのですが、トレンド変化の可能性も注意すべきだと思います。
1月の鉱工業生産指数速報は前月比4.2%上昇し、97.7となりました。これは3カ月ぶりのプラスとなります。
鉱工業指数 結果の概要【2021年1月分】
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/result-1.html