新着Pick
117Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
J&Jのワクチンは、ファイザーやモデルナの開発したmRNAワクチンとは異なり、ウイルスベクターワクチンと呼ばれるものです。

この技術は必ずしも新しいものではなく、すでにエボラウイルスなどで臨床試験が行われ、妊婦さんでの安全性なども確認されています。

このウイルスベクターワクチンでは人に無害なように加工されたアデノウイルスにコロナのタンパク質の情報を載せて運ばせます。風邪にかかったときと同様に、ウイルスが体の中に入りますが、体で複製しないようにできているので、ウイルスが増えて風邪を起こすことはありません。

このウイルスを感染させることで、コロナの模型を体の中で作らせ、その模型で模擬訓練を行うことができます。

1回接種のみで米国で72%、変異株が広がっている南アフリカで64%の有効率を誇っています。

また、DNAを用いているので、mRNAのように壊れやすくはなく、冷凍保存が不要なのも強みです。風邪にかかった時と同様のメカニズムで、mRNAワクチンよりも実績があり、1回接種で済むなどの理由から、「遺伝子が操作される」「新しい技術で怖い」「2回も注射を受けるのは嫌だ」という方にとっては、より抵抗の少ない選択肢となりうるかもしれません。
【ウイルスベクターワクチン】

アストラゼネカ社が開発する新型コロナウイルスワクチンと同様の仕組みの「ウイルスベクターワクチン」と呼ばれるタイプのジョンソンエンドジョンソンのワクチン。

様々な種類のワクチンが開発され、どれがイイの? せっかく打つならより効果の高いワクチンを? と思われるのが信条ですが。

臨床試験の性質上、どのワクチンが効果が高いか、に関しては分かりかねます。

打たないよりは、いずれのワクチンでも接種した方が圧倒的に有利、であることは言えるかと思います。

今後の臨床的なデータや動向を注視していきます。
有効率が66%であり、ファイザーやモデルナのワクチンと比べて低いですが、1回接種、冷蔵保管でOKという利点があり、ワクチンへのアクセスの観点から、有力な選択肢の一つになると思います。他のワクチンと同様、予防効果の持続がどの程度続くか?そしてベクターワクチンで再接種時にも免疫応答(ブースター効果)が得られるか?が気になります。今後の報告を待ちたいと思います。
米国の食品医薬品局は、J&Jが開発した新型コロナウイルスワクチンは、安全かつ効果的だと判断したとのこと。J&Jのワクチンは2度目の接種は不要です。
"Covid-19 Live Updates: Johnson & Johnson Vaccine Protects Against Severe Illness and May Reduce Transmission, F.D.A. Analyses Find"
https://www.nytimes.com/live/2021/02/24/world/covid-19-coronavirus
ファイザーやモデルナの有効率が初めに出てしまったので、66%だと低く見えてしまいます。
ワクチンとしてはとてもいい数字なのでしょうがそう思えません。
普通の商品だと後から出て来る方がよくなるのが普通ですが、どうもワクチンは違うのですね。
有効率以外にも見なくてはいけないポイントがあるの思うので、その辺をアピールして頂きたいです。
個人的に、ワクチンは1回の接触で済む方が良いなと思います。