新着Pick
2Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現在、コロナによる罹患不安、経済的不安、長期戦になるかもしれない不安などにより、それが強いストレッサーとなり、適応障害(うつ不安状態)を起こしている方は多いと思われます。

核家族のなかで、子どもたちはストレスをぶつける相手がいません。接点の少なくなっている核家族では母親の思いを受け止めてくれるおばあちゃんがいません。子どもは母親の思い、愚痴を受け止めるしかありません。
最も力の弱い子どもに、ストレスの一番の皺寄せが及ぶことになります。この家族の中に悪人はいません。

前、中、後思春期の人間関係の難しさ、対人関係の悩みがある場合、家庭にも地域にも学校にも、どこにも自分の居場所は存在しない強い不安感のなかでうつ状態に陥ります。

「困難な問題はすべて、解決が必要な部分へと分割せよ」デカルトは述べています。
コロナによるリモートワーク、経済的不安、こどもの成長や進路への悩み、夫婦関係のすれ違いがもつれた糸のように絡んでいます。

核家族化のなかで、多様な世代とどのように関わる仕組みが創れるかにかかっていると思います。
どれだけ多世代交流の関係を再構築できるかは、重要な視点だと思います。

もちろん、死にたいと少しでも考えたら迷わずメンタルクリニックを受診してください。
救える命はあります。