新着Pick

日米局長が対北政策で協議

産経ニュース
外務省の船越健裕アジア大洋州局長は24日、ソン・キム米国務次官補代行(東アジア・太平洋担当)とテレビ会議方式で協議した。バイデン政権は北朝鮮政策の見直し作業を行っており、船越氏は日本側の考え方などを改めて伝え、意見交換した。両者は拉致・核・ミサイル問題の解決に向け、日米、日米韓で引き続き緊密に連携していく方針を確認した。
1Pick
Pick に失敗しました

Premiumを無料で体験
登録・ログイン