新着Pick
406Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ちなみにインドは恒久バンされ、ローカルクローンが既に複数社育ってしまい、買い手も着かずに死に絶える寸前です。
英語版Quartzの特集、「How TikTok is changing music(https://qz.com/guide/how-tiktok-is-changing-music/)」から、音楽のヒットに大きな影響力を持つTikTokに、様々な視点から迫った「Essentials」をお届けします。

TikTok発のヒットと言えば、日本では昨年、YOASOBIが大きな話題となり、世界でも2021年に入ってから、Olivia Rodrigoの「drivers license」がSpotifyで史上最速かつ最大の再生数となるなど、音楽シーンの中心で今、TikTokは大きな存在感を放っています。

今年のNFL Super Bowlのハーフタイムショーを行ったWeekndはすでに有名なアーティストですが、NFLは2019年にTikTokと提携しており、彼の抜擢の裏には「Blinding Lights」がTikTokでの大バズリしたことも関係していそうです。

一方で、昨年は、インドでTikTokが禁止され、多くのオルタナティブアプリが登場しましたが、まだTikTokほどの影響力は持てていません。また、トランプ政権はTikTokの米事業売却に動いた、バイデン政権は対応を再検討しており、TikTokの勢いはまだまだ続きそうです。

Quartz Japanでは、平日朝夕と日曜日にニュースレターという形でコンテンツをお届けしています。もちろん、この特集を含むQuartz英語版の記事もすべて読み放題です。ぜひ、7日間のフリートライアルでお試しください!

登録はこちらから👉https://qz.com/japan/
TikTok…バイデン政権になって、対応が、どう変化するのだろうか?

インドは、このまま締め出しを継続するのだろうか?

TikTokが、プラットフォームになった時に後悔しないだろうか?

いろいろなことが思い浮かぶ記事。

記事のまとめ方がQuartzらしくて、とても好きです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
音楽が、曲を愉しむだけではなくなった、ということと思います。
もしくは、もともとその”場”そのものが価値だった。