新着Pick
45Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
改めて見てみると2020年は市場全体は縮小。これは5G移行の端境期であることとコロナ禍による消費者心理の冷え込みによるもので、今年は打ち返しがありそうですね。
メーカー別にはなんといってもHuaweiが数量をかなり落とし、シャオミが躍進。アップルがiPhone12で面目を保ったと思います。
https://www.gartner.com/en/newsroom/press-releases/2021-02-22-4q20-smartphone-market-share-release
Gartnerの調査では5年ぶりですが、Counterpoint ReserchやCanalys、IDCの調査では、2017年くらいからAppleが第4四半期にトップになる時があった。
Gartnerより前に他の調査結果が出ているし、そちらも合わせて書いた方が良いのでは。
他のメディアもだけど、Gartner以外の調査結果を見ているはずなので、誰よりも業界の動向を知っているでしょうし。

先月のCounterpoint ReserchとCanalysの調査結果でも指摘されているけど、Appleの新型iPhone発売時期が遅れて第4四半期にずれ込んだのも、Appleが大きく伸びた理由の一つとしてあると思います。

『アップルが世界スマホ首位、昨年10~12月-iPhone記録的出荷で -』
https://newspicks.com/news/5573069/
自分用に覚えておくために数字を書いておく。

CY2020年スマホ販売台数(2020 vs 2019)(ガートナー調べ)
三星 2.53億台 (2.96億台
Apple 1.99億台 (1.93億台
Huawei 1.82億台 (2.4億台
Xiaomi 1.45億台 (1.26億台
Oppo 1.11億台 (1.18億台
Others 4.54億台 (5.65億台
TTL 13.47億台 (15.4億台

こうして俯瞰すると、Apple、Xiaomiは好調、サムスン、Huaweiは不調。
その他メーカーも不調で市場としては12.5%ほどシュリンク。
ガートナーの数字は少し強め・・?
Gartnerが2月22日に発表したレポートより。スマートフォン台数でAppleがサムスンを上回ったのは2016年以来とのこと
利益率の高く高価格戦略のiphoneが、台数でも首位という点に驚愕します。
Apple Inc. (アップル)は、カリフォルニア州クパチーノに本社を置くアメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業である。デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ウィキペディア
時価総額
268 兆円

業績