新着Pick

時間管理が苦手なら、締切だけでなく「いつはじめるか」を決めて実行せよ

ライフハッカー[日本版]
『「ニューノーマル」最強仕事術』(濱田秀彦 著、講談社ビーシー)より、成果を出す時間管理のコツを解説します。
188Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「いつまで思考」から「いつやる思考」に変えると、生産性向上に役立ちます。

●いつまで思考:締め切りだけを管理する
→タスクの実行のタイミングが決まらなず、複数のタスクが手つかずのまま抱えやすい

●いつやる思考:やる時間を決める
→タスクの各個撃破。着実に前に進められる
"優先順位の高い仕事については、「いつからはじめるか」をしっかりとスケジューリングすることが必要不可欠"

自分が最重要だと思っていることから、スケジュールに落とし込み、そこは必ず行うことは実行中。

ただ義務的にやらなければならないのに、重要性をあまり感じない業務を後回しにし、期日前に焦ることはあります。結局最終的にやるので、どう時間を消費せずに、期日間際でやらないようにするかが課題です。
アウトプットしたもの(とくに原稿)は、いったん「寝かせる(=熟成させる)」時間を確保することも大切
株式会社講談社(こうだんしゃ、英語: Kodansha Ltd.)は、東京都文京区音羽 に本社を置く日本の大手総合出版社である。系列企業グループ「音羽グループ」の中核企業。 ウィキペディア

業績