新着Pick
114Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
CO2排出低減に関しては、大きな誤解があります。

石炭と原油を燃やして発電している火力発電中心の、今の日本の発電状況では、下手をすれば、EVの方がガソリン車よりCO2排出量が多いという結果にもなりかねません。

EVは、巨大な電池が必須なので、製造時CO2排出量は、ガソリン車より多いですし、走行中の電気も火力発電からの電気であれば、CO2を排出しながら走っていることになります。

つまり、宅配車7000台をEVにすることと、その電力をクリーン・エネルギーで賄うことの両方ができないとCO2低減は実現できません。

最悪の場合、どんどんEVを増やして、火力発電の割合を減らせなければ、かえってCO2排出量は増加するということです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
トヨタの試算では、現在の車両をすべてEVにすると、日本国内で原発10基程度必要とのことで地震大国では現実的ではないように思われます。
佐川急便の取り組みもすばらしい!これからはトラックのEV化もどんどん進んでいくし、そのままだと国産のトラックは海外やスタートアップのEVトラックに置き換わっていく可能性も高いと感じている。
RE100に入っている大手企業は増えてきており、そうなると物流プロセスも含めた環境問題対応が必要になっていきます。EV、そして再生可能エネルギーへの転換が大手であればあるほど求められていくでしょう。