新着Pick
366Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
他の方も引用されているように「見つけた時になってようやく分かる」とは、やる前から「できない」「そんなことやっても意味ない」と決めつけることの残念さ、何か気になることがあったらとにかくやってみることの大切さを指摘していると思います。若者もそうですが、実は柔軟性が落ちかけているおじさんこそじっくりかみしめたいと思いました。
Appleの製品には、何か優しさとか温もりとか、人間くさいものを感じる。だから、電子機器なのにそんな感じがしない。

スティーブ・ジョブズが求めていたものって、そして現在ティム・クックに受け継がれているものって、なんかそういうところなんじゃないかなって思う。

言葉では表現しきれないけど、だから製品に「人格」のようなものが宿っている。
僕はきっと、その「人格」に惹かれて、Apple製品を求めてるんだな。
いついつまでに、見つけなければいけない。

そんなことはありません。まだ見つかっていないからと、焦る必要はありません。

まさに、自分の心と直感にしたがって、新しい気持ちで取り組み続ける。自分自身もずっと考え続けています。見つかると信じて。

ティムならではの落ち着いた口調で話されると、説得力ありますよね。スティーブとは違った持ち味です。
さすがTim、すばらしい引用ですね。オリジナルはSteveです。

『それは、見つけた時になってようやく分かることだ。まだ見つけていないなら、探し続けなければならない』

(以下、記事中から引用)
「私の昔の上司のスティーブは、非常に深いことを言っていた。『それは、見つけた時になってようやく分かることだ。まだ見つけていないなら、探し続けなければならない』ってね。なぜなら、あなたが求めているのは情熱だからだ。自分がやっていることが重要なことだと感じたいんだ。世界に変化を起こしていることを実感したいんだ」

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
人生は、目的地のないジャーニーですね。永遠に探し続けるということですね。
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
234 兆円

業績