新着Pick
37Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
温暖化問題を正義の問題(つまり、これまで多く二酸化炭素を排出した人ほど大きな責任を持つのだから、節約したりコストを負担して努力あるいは苦労をすべきで、これから成長できる可能性のある人達との格差是正にも務めなければならない)と考えている人たちからすれば、CDR(Carbon dioxide removal)はそうした責任を回避する免罪符であると映るでしょう。

しかし、もし温暖化を止めたいのであれば、地球全体からみて最も合理的な方法でそうすべきであり、誰がより苦労するかどうかは本来関係ないはずです。

CDRはCCS(炭素地下貯留)と同一視されがちですが、一般的にはCCSは火力発電所などCO2を濃縮した形で排出する施設とセットで考えられていることが多く、排出の削減にはなっても空気中のCO2を減らしているわけではありません。

これに対し、CDRはDAC(direct air capture)や光合成による生物隔離、湿地回復、海洋施肥など、積極的かつ大規模に空気中のCO2を固定しにいく技術を指しています。
XPRIZE、もしかして応募するかもです いま相談中

追記
あ、やめました
追記オワリ
興味深い考え方が記載されている記事。ある意味、理想論とも言えるかも。

簡単に言えば、砂漠化が進む状態なのに、未だに森林伐採しているような行動をやめて、植林すれば、植物が光合成でCO2を減らし、O2を増やしてくれますよね。

CO2の増加も問題ですが、O2の減少もかなり大きな問題だと感じています。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません