新着Pick
1229Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは、、、

水素社会を語るのにFCVの話をしている辺りがなんとも。
水素需要で想定されているものの大半は、発電、熱需要、製鉄です。

バブっているのは、水素供給側の期待ですね。日本がそんなに水素買うなら売りまっせと。世界中から輸出計画がぶち上がっています。まだ輸入する見込みもないのに。

この記事を読んでもFCVへの期待を1ミリも感じられなかった。
水素の値段タダにしても大して普及していない。これじゃ続かない。

まあ、元々日本のFCV政策はカリフォルニア州対策だったので、正しい内容とは言えますが。これにいくら税金投入したんだろう。
水素社会の構築に関しては、中国でも産学官で進めています。

3年以上前に中国におけるFCVの動向に関する記事(※)を書いたのですが、それ以降も社会実装を着々と進めています。

中国ビジネス成功の礎は、国家主導のプロジェクトにスタート初期から参入することです。トヨタが中国で合弁会社の設立を進めているという報道が以前ありましたが、我が国の水素関連会社も中国市場における主導権を積極的とりに行ってほしいと思います。

※ 燃料電池車の普及に動き出した上海市の思惑
https://business.nikkei.com/atcl/opinion/16/112900054/121800003/?P=1
水素に関しては山口県のホームページの方がサスティナブルに感じてしまうんですよね。

https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/seisaku/kokogasugoi/hydrogen.html
「バブル」で終わらせない・・・
「やっぱりダメだ」とならないなめに・・・
これらの表現がコトの壮大さと困難さを表している。
総合商社の「総合」の力量が問われるSocial Shift
この連載について
三井物産株式会社(みついぶっさん、英語: MITSUI & CO., LTD.)は、三井グループの大手総合商社。三井不動産、三井銀行(現・三井住友銀行)と並ぶ『三井新御三家』の一つ。通称は物産。 ウィキペディア
時価総額
3.97 兆円

業績