新着Pick
23Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
筆頭株主であるSBIのオファーを袖にし、マネックスとの包括的業務提携を選んだ新生銀行の判断の裏側を取り上げた記事ですが、新生銀行有志からのSBI・北尾代表への書簡等も紹介されており、臨場感があって読み応えがありました。
また、SBIと新生銀行の関係に留まることなく、預金保険機構と整理回収機構の議決権行使方針やその結果開示等についても踏み込んでいるところにうならされました。
金融行政に密接に関わることを理由に開示に慎重な姿勢を見せる金融庁の考えも理解はできるものの、スチュワードシップコードの導入等の大きな流れのなか、両機構の議決権行使方針及び結果開示等も行う方向で検討がなされるべきではないかと個人的には考えています。
マネックスグループ株式会社は、東京都千代田区麹町に本店を置く金融持株会社。 ウィキペディア
時価総額
1,717 億円

業績

株式会社新生銀行(しんせいぎんこう、Shinsei Bank, Limited)は、東京都中央区に本店を置く普通銀行である。 ウィキペディア
時価総額
3,816 億円

業績

SBIホールディングス株式会社(エスビーアイホールディングス、英語: SBI Holdings, Inc.)は、日本の金融持株会社である。商号のSBIは、元々ソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたため「SoftBank Investment」の略であったが、その後同グループを離脱し「Strategic Business Innovator(戦略的な事業の革新者)」の略に変更した。 ウィキペディア
時価総額
6,386 億円

業績