[20日 ロイター] - ミャンマー第2の都市マンダレーで20日、軍事クーデターへの抗議デモ参加者に治安当局が発砲し、2人が死亡した。軍事政権の打倒とアウン・サン・スー・チー国家顧問らの解放を求め、全土でデモが行われていた。欧米各国は相次いで軍の動きを非難した。

マンダレーでは、治安部隊とストライキ中の造船所の労働者らが衝突。デモ隊の一部が投石、それに対して警察が発砲。目撃者によると、実弾とゴム弾の薬きょうが現場から見つかった。

現地の救急隊の一人は「20人が負傷し、2人が死亡した」と明らかにした。犠牲となったのは男性2人で、それぞれ頭部と胸を撃たれていたという。

犠牲者の妻はロイターの電話取材に対して、「遺体は安置所に運ばれた。家に連れて帰ることはできない。夫は亡くなったが、私にはまだ息子がいる」と語った。「私はまだ今回のデモに参加していないが、今ではそうするつもりだ。もう怖くない」と話した。

当局のコメントは取れていない。

19日には、首都ネピドーのデモに参加し、頭部を撃たれ入院していた20歳の女性が死亡。1日のクーデター発生以来、デモ参加者の犠牲者は合計3人になった。

一方、軍によると、警察官1人が抗議活動で負傷、その後死亡した。

国際社会からは、軍の行動を非難する声が相次いでいる。

米国務省のプライス報道官は20日、「深く懸念している」と述べた。英国のラーブ外相は追加制裁を検討するとし、フランス外務省も暴力は「容認できない」とした。

現地の国営テレビMRTVの夕方のニュース番組では、抗議デモや死傷者については一切触れられていない。