新着Pick
195Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
防災を切り口にした事業展開はアイリスさんならではだと感じました。つい最近もアイリスさんの防災セットを買いましたがすごく安心感があり且つ安いです。長期保存食品も本格的に展開されるとのこと、今後に注目です。

〈アイリスさんのリリース〉
https://www.irisohyama.co.jp/news/2021/?date=0218
お米はずいぶん前からやっていますが、次は水。おそらくは月曜に新商品会議で現場から上がってきたのでしょうが、晃弘社長になっても売り上げの5割以上を発売3年以内の「新商品」という方針は順調に進んでいるようですね。
https://www.ssnp.co.jp/news/beverage/2021/02/2021-0218-1719-16.html

防災に対する問題意識と、フィルター技術を活かした戦略なんですね。

日本は、真水が豊富にある稀有な国ですが、農作物の輸入という形で大量の水を輸入しています。
いずれ、なんらかの形で世界への展開もありえるのではないかと期待します。
以前は同社の幅広いコングロマリット事業展開にある種の危うさを勝手に感じていましたが、今ではなにを展開しても驚かないくらい新規事業展開が定着化しました。「暮らしをもっと便利に快適にしたい」という同社のベンチャー精神は勢いがありますね。

追記:先日同社のお米を購入し早速食べてみましたが、非常に美味しかったです。
災害時に需要が高まる商品が何かということを分析した上での戦略だと思います。水のほかにもカップ麺や袋麺はよく売れると聞きますし、災害の種類によっては電池などもそういう商品の一つです。トイレットペーパーをはじめとした紙製品も、本来は需給バランスが崩れることは奇異ではあるのですが、一時的に需要が高まる商品の一つと言えます。
水がどこまで利益に貢献出来るかは微妙ですが、少なくともインフラの重要な部分を抑える意義はあると思います。雑貨家具、家電機械、米、水という形で生活インフラの一定シェアを抑えつつあります。
2020年1月に飲料水事業への参入を表明しており、今回はペットボトル詰めラインなど約30億円を投資したそうです。
アイリスオーヤマ株式会社(英語: IRISOHYAMA INC.)は、宮城県仙台市青葉区に本社をおく、生活用品の企画、製造、販売会社である。2000年代からは家電事業に力を入れ、2012年からは他の大手家電メーカーでリストラにあった優秀な技術者を大量に採用し加速させた。 ウィキペディア