新着Pick
939Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国Amexは毎週火曜日をテイクアウトの日にしようという運動を開始しています。ローカルなレストランでテイクアウトを、と呼びかけている。それが#TakeoutTuesdayです。

こういうムーブメントが地域に密着した小売店やレストランを救うことになります。今や米国の国民的記念日となったSmall Business Saturdayも、Amexがローカルショップを盛り上げようと企画したイベントです。

これらはShop Smallという運動になっている。地元の商店を地元の人が支援する、そういう習慣が決済事業者のソーシャルメディアによって盛り上がってきたのです。地元密着の商店の支援は大切です。
街が大きくなってくると、様々な人が流入してくるのでその街らしらよりも皆が知っているお店が好まれる、という話を聞きました。渋谷の街づくりをしている中で、アンケートでこの街にあったらいいなと言うお店は?という問いの答えがチェーン店だったそうです。

この1年間で街のあり方は大きく変わりました。この記事にあるようにそこに住む人々との繋がりがより重要になってくる、と言う点では"コミュニティ"としての街と人とお店の繋がりを考えていく必要があるのだと思います。
ビジネスだけで街を見ると、開発に合わせて家賃は高騰し、チェーン店しか生き残れなくなりますが、逆に何かの理由でビジネスが不利な状況になると、また簡単に撤退します。しかし、今後可処分時間が増える中、便利さよりも常に驚きと発見のある街の方が選ばれ、クリエイティブな人々が集まる魅力的な街ができると思いますので、こういった家主とお店の想いと地域が密着した街が今後生き残っていくのだと思います。
小さくても自分の好きを集めたこだわりのお店をやりたいと思っている人は少なくないのではないでしょうか。そんな人にもコロナ禍でチャンスがあるということかも知れませんね。

「「金をかけないぜいたく」を楽しむ」
地方に住んでいるのでとても共感できます。高価ではない贅沢がたくさんあるように思います。
日本国内でも無縁とは言いませんが、地域密着で足元商圏のシェア高くLTVの高い企業の業績はまだ良く、消費が落ち込む中でも真っ先に選ばれる強さ(人でも商品でも)を感じました。一朝一夕では出来ない事なので、結果的に大きな差別化になっています。
そのまま同意しかねる話ではありますが、今だたとても考えさせられる。新しい街だとブランドを調べるのは面倒なので、チェーンが好まれますが、ある程度街が成熟してくるとユニークなお店に魅力を感じる、というのは体感します。
今の日本だと商店街が衰退してショッピングモールが勃興してきた時はまさにそうでした。そこらじゅうにショッピングモールが浸透してくると今度はどこに行っても同じだと感じてしまい、ユニークな品揃えを求めるようになってきます。もうすぐ商店街が復活するのかもしれないですね
"つまり地域は、そこに住む人々と同調しながら有機的に進化するとき、最も発展する"
地域と有機的に進化する個人商店の未来。生活のUXの再定義に思える「小売業は人々の生活と結びつかなくてはなりません」「犬をどこで散歩させているのか、子供をどこの学校に連れて行っているのか、そんな日々のルーティンの中に組み込まれる必要があります」
お金を近所で回す。この感覚はコロナでより強まったと感じています。
「チェーン店」のような「お金のつながり」ではなく、「人と人とのつながり」が重視される時代になったということですね。

新型コロナウィルス禍により、何が本当に大事なのかがわかったのかもしれませんね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません