新着Pick
51Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日銀の本来の役割は「物価の安定」ですが、ETF購入が続いたことから「株価の安定」も重大な役割になってしまったようです。

原理原則から言えば、日銀が企業の大株主になってしまうのは市場原理に反します。

しかし、株価の急激なアップダウンを防ぐための「市場との対話」の一環と考えれば、それなりの意義はあると思います。
昨年の記事を見ると、日銀が45兆円のETFを保有。現在は株価の上昇で50兆円くらいありそうです。

私は金融や不動産を生業にしているので、資産価値を高めてくれる施策には反対し難い立場ですが。

しかし、r>g の公式に当てはめると、格差の拡大はすれど、2%のインフレは達成出来ていないわけです。

45兆円で資産インフレを目指すのではなく、ベーシックインカム的に国民全員に現金を配った方がインフレには効果的だったと思います。

仮想通貨やFXみたいな投機をする輩もいるでしょうし、散財したり貯め込んだり色々でしょうけど、それが消費拡大にはいちばんかと。