新着Pick
30Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国といえばAI、IOTやブロックチェーン、中国製造2025といった先端技術での覇権争いを連想しますが、グリーンリカバリーもテクノロジーてんこ盛りの世界でカネになると踏んだ中国は本気になっているはずです。

特にブロックチェーンに関しては中国が世界の論文数の半分を占めており、2位アメリカの25%の倍で世界をリードしています。温室効果ガスをトレースするテクノロジーとしてブロックチェーンを利用するという流れもあるのではと思っています。
債券発行には、電力大手の「華能国際」や世界最大級の三峡ダムを手掛ける「長江三峡集団」「四川空港」など6社が加わったそうです