新着Pick
24Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
このチャレンジ試験は、被験者にわざとウイルスを感染させて、その後被験者での症状の出方やウイルスの体内での動向を観察するというものです。

一般的な臨床試験で自然に感染するかを観察するのと異なり、いつ感染したかが明らかなこと、とても少ない数の被験者でワクチンや治療薬の有効性を評価することが可能になることから、以前から議論になっていました。これにより数万人規模の被験者を集めなくても良くなるわけです。

一方、インフルエンザなどでも同様の試験が行われているのですが、新型コロナウイルスでは重症化するリスクが相対的に高いという点で、躊躇される声も上がってきました。

そんな中、重症化リスクの低い若者に限定するという落とし所になるわけですが、逆に若者しか対象にできないため、治療薬やワクチンの有効性や安全性を見る際、高齢者などに一般化しにくいという限界もあります。

ただ、ワクチンの有効性の高さが判明しつつある今、ワクチンの普及により世界的に感染症が収束に向かうと、臨床試験の実施は難しくなること、数万人規模の臨床試験を行い続けることの困難さから、このようなチャレンジ試験の選択肢を持つことの重要性は高まるとも考えられます。
戦争中に科学や技術が進むと言うのを聞いたことがあります。
今、新型コロナウイルスとの戦いも戦争と一緒です。
負けないために新しいアイディアがでたり、普段ではやらないチャレンジが行われます。
絶対に負けられない戦いなので、人類の英知を振り絞って戦うしかありません。
遠いイギリスの話も同胞が頑張っているように感じます。
嬉しいニュースですね。
人類の勝利が近づいていると思います。