新着Pick
1664Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
特集「速く、わかりやすく書く技術」を5日連続で公開中。第4回は、「5日で本1冊」書き上げるブックライター、上阪徹さんのスピード文章術です。

文章を書くのが遅いとお悩みの皆さんへ。

かつては「1日300字」しか書けなかったという上阪さんが、「5日で10万字の本」を書ける超速ライターに変身した秘訣を教えます。


【特集の概要】
「書くスキル」はビジネスパーソンにとって必須スキルです。コロナ禍のリモートワークによって、対面でのコミュニケーションが減り、オンラインでのやり取りが増えたため、「書くスキル」の重要性がますます高まっています。

しかし、多くのビジネスパーソンは日本語の文章を「書くスキル」をわざわざ習ったり鍛えたりしたことがありません。

そのため、ビジネスの文章を書くこと自体のハードルが高く、書き上げるのに時間がかかってしまいます。書いた文章はビジネスの相手に伝わりにくく、目指す成果をなかなか上げられません。

これは書き手にとっても、読み手にとっても、非効率・非生産的です。互いの時間と労力の無駄たるや計り知れません。

そこで、この特集で「速く、わかりやすく書く技術」を紹介します。
歌が上手いというのと売れる歌手が異なるように、
うまい文章と伝わるメッセージは異なるということ。
伝わるには素材、ターゲット、読みやすさ。
「いい文章を書けるようになりたい」と思ったらまず、「自分にとってのいい文章」を定義する、というのは納得。これを読んだら文章のリズムがよくなる、戻る、という本が一冊あると参考になる。
何を伝えたいか。それを明確にすることがとても大切だということがこのレポートでわかります。美辞麗句を連ねても、何をいっているのかわからない文章では意味がありません。

読み手を想起しながら、伝えたいことを箇条書きし、優先順位をつけていく。頭の中を可視化するためには紙に落とし込むという作業は効果的です。整理しやすい。

それにしても、5日で本1冊というのはすごいスピードです。
上阪さんには、Brand Designでもここぞというときにお願いしています。本当にお仕事が早い!メールの返信も早い!アエラを文章の参考にされてきたんですね。なるほど〜。
そう言えば、私は紙の時代のR25もよく参考にしていました。短い文章でわかりやすく、そしてオチまでつける。
デジタルだとつい冗長な文章になってしまうのは注意しないとね。自戒をこめて。
『職業、ブックライター。 毎月1冊10万字書く私の方法』もよかったです。
2013年の本で手に入りにくいかもしれないけれど。
職業ライターでなくても、参考になると思います。
どう書くか、ではなく何を書くか、が重要というのは非常にシンプルですが腑に落ちました。
普段LINEや簡易なメールなどを見慣れていることを思い出すと、何が書いてあるかに注目して文章を読む=読み手の立場に立つという点が重要なのだと理解しました。
書く前に構成を考える、見直しを必ずするなども基本ですが、改めて意識したいポイントです。
私は媒体が新聞メーンだったので、枝はもっと短くて250字ですね。いま朝日新聞は12字取りなので、20行が目安。5行60字×4パーツか、7行84字×3パーツぐらいのイメージです。

「AがBした」あるいは「AはBだ」というパーツをつなぎます。英語のS+Vがホネですね。
構成は考えますが、基本、頭から一気に書きます。
良い文章について。
以下の2点は当たり前なんだけどそうだなぁと思いますね。自分ももっと文章力を上げていきたいので頑張ります。

・書き方よりも内容
「「どう書くか」ではなく、「何を書くか」。これが、文章を速く、わかりやすく書くために重要なポイントです。文章を書くのに時間がかかってしまうという人は、うまく書こうとするあまり、「どう書くか」に悩んで手がとまっている時間のほうが多くなってはいないでしょうか。」

・良い文章を定義し、目標を決める
「あなたにとっての『いい文章』とは、どんな文章ですか?」と聞いてみます。そうすると、答えにつまる人が少なくありません。「いい文章を書けるようになりたい」と思ったらまず、「自分にとってのいい文章」を定義してみてください。それから、「自分はこういう文章を書きたい」と思えるお手本を決めて、ある程度の期間、読み続けてみることをお勧めします。
大学院の課題でレポート沢山書いているが、この記事は目から鱗。
"「どう書くか」ではなく、「何を書くか」。これが、文章を速く、わかりやすく書くために重要なポイント"
"文章の素材となるのは、「事実」「数字」「エピソード」の3つ。この素材さえあれば、思い悩むことなく文章は書ける"


そして「素材文章術」の5ステップがまた勉強になる。
①書く目的と読者を定める
②素材を集める
③素材を組み立てる(全ての素材の見える化をしておく)
→読み手の4つの反応を意識する(おっ:意外な事、えっ:びっくりする事、そうなんだ:強く共感すること、なるほど:新しい発見)
④一気に書く(粗々で書き、固有名詞など気にしない)
⑤見直す(読みやすく、わかりやすく)

①と③は全然意識出来ていなかった。
"相手目線"と"相手の反応"は非常に大きな学び。
この連載について
書く技術はビジネスパーソンにとって必須だ。しかし、多くの人は習ったことがない。そのため、ビジネスの文章を書くことがつらく、時間がかかる。書いた文章も相手に伝わりにくく、成果を上げられない。そこで、「速く、わかりやすく書く技術」を紹介する。