新着Pick
274Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
どれも試してみると良いと思う。人によって集中できる状態は異なる。自身なりの"スイッチ"を見つけることが大事になる。私の場合、記事にもある、「ポモドーロメソッド」は有効に働く。時間との戦いになるが、時間内に達成できると本当に心地良い…。達成感が自身の"やる気"を擽ぐり、さらに打ち込めるような状態になる。"時間は有限"という制約が、頭を働かせる"スイッチ"になっている。週末は、なるべく時間を意識しないで過ごしたいです…。
どれも重要だなと思いました。

私は自分主体で生活するために、極力即レスすることをやめました。メールやライン、その他SNSもサイレントモード、プッシュメッセージやバッジも最低限以外はOFF。チェックする時間を決め、優先順位をつけて返答します。

緊急を要する連絡は、家族にいたっては、電話やショートメールとルール化してます。

一番の課題は、会社貸与の携帯電話。これが見境なくかかってくるし、受信を強要されている。私はあまり自分からかけないようにしてますが、かけてくる人は非常に多い。

しかしこの回避策は、電話で人の時間に割り込むことをしない文化の会社に転職しかないですね。
こういう記事でいつも感じるのは、どんなにスケジュールを立ててワンタスク実行環境を作っても、複数の外部要因の発生で、崩れるということ。

ひとつを集中してやれば効果は高いのは当然ですが、タスクのゴールとレベルをあらかじめ決めておけば、途中中断・再開もスムーズと感じます。
職場環境づくりの基礎テクニックとしてチームで共有しておきたいですね。
業種や個性によって違いはありますが、知っておいて損の無い範囲です。
特にマルチタスクに関しては、極力避けたほうが命令系統や評価もシンプルになりますし。