新着Pick
50Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
伊藤忠・ファミマのDXの取り組み。
中の「消費者を起点としたデータ連携を目指す」という図が気になる。様々な伊藤忠傘下の企業が関わるなかで、これを実現するために、データをどれくらいの頻度でやりとり・分析・FBするのかが気になる。データ性質的に色々な周期があるのではないかと思い、適切な周期マネジメントの設計・構築などもキモとなりそう。
コンビニに限らず、日本の小売業はバックオフィス業務や店頭業務のシステム化は行われてきましたが、データ活用は進んできていません。

最近、IT業界出身の方が小売業に転身し、DXを行っている事例が出てきています。

どこかのITに特化した企業が小売業を始める、あるいは買収するなどという動きが活発化してもおかしくないくらい、小売業のIT・データ活用はこれからですので、コロナで非対面・非接触が重要になり、サプライチェーンの効率化もますます必要になる中、今後要注目ではないでしょうか。
伊藤忠商事株式会社(いとうちゅうしょうじ、ITOCHU Corporation)は、大阪府大阪市北区と東京都港区に本社を置くみずほグループ(旧第一勧銀グループ)の大手総合商社。日本屈指の巨大総合商社であると共にアジア有数のコングロマリット(異業種複合企業体)でもある。 ウィキペディア
時価総額
5.12 兆円

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
187 兆円

業績

ファミリーマート(FamilyMart)は、日本発祥のコンビニエンスストア (CVS)である。公式略称は「ファミマ」。ここでは店舗ブランドとしてのファミリーマートに関する記述に特化し、法人そのものについてはファミリーマート (企業)で記述する。 ウィキペディア

業績